ニューカッスル、キャロルと1年の契約延長…マンキージョとも4年契約締結

拡大画像を見る

 ニューカッスルは25日、元イングランド代表FWアンディ・キャロル、スペイン人DFハビエル・マンキージョ、U-20イングランド代表MFマシュー・ロングスタッフとの契約延長を発表した。

 キャロルの新契約は2021年6月30日まで、マンキージョの新契約は2024年6月30日までとなっている。一方、M・ロングスタッフは2020年7月31日までの短期契約を締結した。

 現在31歳のキャロルは地元タイン・アンド・ウィアの出身で、2006年にニューカッスルのトップチームデビュー。2011年1月には移籍金3500万ポンド(約46億円)でリヴァプールへと完全移籍したが、活躍することはできず、2012年夏にウェストハムへと移籍。昨年夏にニューカッスル復帰を果たすと、今季は公式戦16試合に出場して5アシストを記録している。

 マンキージョはアトレティコ・マドリードの下部組織出身の現在26歳。リヴァプールやマルセイユ、サンダーランドなどへのレンタル移籍を経て、2017年夏にニューカッスルに完全移籍した。同クラブではこれまで公式戦通算61試合に出場している。

 現在20歳のM・ロングスタッフは2010年からニューカッスルに所属。兄のシーンもニューカッスルでプレーしている。2019年10月6日に行われたマンチェスター・U戦でプレミアリーグデビューを果たし、同試合で決勝点を挙げて一躍注目を集めた。同選手は契約満了後の退団が噂されており、ウディネーゼやワトフォードが新天地の候補に挙げられている。

関連リンク

  • 6/26 11:10
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます