大江裕 20キロ減量も師匠・北島三郎からストップ「お前の良さがなくなる」

拡大画像を見る

 歌手・大江裕が32歳の誕生日を迎えた16日、都内で、J-POPカバーアルバム「TRY」(17日発売)記念生電話会を行った。コロナ太りもあって今年1月には体重120キロだったのが、ダイエットに挑戦し、10カ月で約20キロ減量に成功。19歳のデビュー時と同じような体形に戻ったといい、「自炊で、ご飯、炭水化物を控えました。体が楽です。ドンドンやせると、健康面を気になり出して」と肉体改造を誇らしげに報告した。

 ただ、周囲からの評判はイマイチの様子で、「先生(北島三郎)からは『それ以上いくとお前の良さがなくなる』と、(所属事務所)社長からは『衣装どうするんだ。直すのに金がかかるぞ』と言われました」と“クレーム”を打ち明けた。

 新アルバムではポップスを初歌唱して、一青窈「ハナミズキ」、瑛人「香水」などを収録。「新たな自分を見つけることができました。こぶしを取るのに、必死でした。幼稚園の頃からずっと演歌でしたので」と新境地を切り開いていた。

関連リンク

  • 11/16 15:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます