毛づくろいが不器用な長毛猫・うにくんにクスッ。はさまってますよ~

拡大画像を見る

【○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.54】

 その毛づくろい、ちょっと不器用じゃない…?思わず、そんな突っ込みを入れたくなるのがsaku_no_ouchiさん(@saku_no_ouchi)の愛猫うにくん。

◆グルーミング後のお顔が愛くるしい

 なんとかグルーミングを終えた後には「スンッ」と気取ってみるも、そのお口にはさまった顎毛がチラリ。

 しかし本ニャンは、そんなことは気にも留めていないよう。マイペースなその姿に、クスっとさせられてしまいます。今回は、そんなうにくんのニャン生を取材。日常の様子を聞いてみました。

◆譲渡会でノックアウトされた長毛猫

 うにくんとの出会いは、保護猫の譲渡会。飼い主さんは柄と長い毛のモフモフ感にノックアウトされ、その場でトライアルに申し込みました。

「うに」という名前は、魚介類のウニに色味が似ていたことから。おうちに迎えた当日、うにくんは震えていましたが、翌日には我が物顔に。自分がやってきた場所を「安心できるところ」だと認識してくれました。

 さまざまな思い出を育み、成長を見守る中で飼い主さんが驚かされたのは、想像していたよりも身体が大きくなったこと。しかし、元気に育ってくれているのだと感じ、喜びも噛みしめています。

◆ちょっと不器用な仕草がたまらにゃい

 そんなうにくんは、普段からクセの強い毛づくろいを披露。いつも同じ場所をずっと舐めているため、一部分だけびしょ濡れになっていることもあります。

 そして、毛づくろい以外でも不器用さが明るみになることが。

「以前、お風呂に落ちたことがあります。あと、おもちゃで遊ぶ時は猫っぽく狙いを定めるというより、犬っぽく駆け回っています(笑)」

◆いろんな扉を開けたり、器用な一面も

 しかし、その一方で器用な一面も持ち合わせており、いつのまにか靴箱や洗面台の扉を開けるという特技を習得。

 靴箱にひっそり隠れ、飼い主さんをびっくりさせています。

◆帰宅すると「抱っこして~」

 また、甘え上手でもあり、飼い主さんが帰宅すると「抱っこして」と悩殺ポーズを見せてくれることも。

「長毛猫がいると服も身体も顔も常に毛だらけですが、それでも猫と暮らす生活は幸せです」

 そう語る飼い主さんは、すっかりうにくんの虜になっています。

◆同居猫とイチャイチャを楽しむ「甘々な日常」

 飼い主さん宅には、もう1匹かわいい猫が。それが、黒猫のさくくん。

 さくくんは、個人で保護活動をしている方から譲り受けた子。初めて直接会った時、個性的な鳴き声や特徴的な鍵シッポなど、あまりの愛くるしさに一目惚れし、おうちに迎えることにしました。

 多頭飼いをする時は、猫同士の相性が気になるもの。しかし、うにくんとさくくんは、飼い主さんの手助けなく、友達になれました。

「うにが怖がらず、ガンガンさくにつっかかっているなぁと思っていたら、いつの間にか仲良しになっていて。さくを迎えて、3日目くらいには仲良く寄り添っていました」

◆性格は違うけど仲良し

 自由奔放で人間大好きな、くいしん坊のうにくんに対し、さくくんは人見知りな慎重派。そうした性格の違いがあったからこそ、2匹は逆に心を通わせ合うことができたのかもしれません。

 2匹は日頃、とても仲良し。寝る場所はたくさんあるのに、寄り添い合いながら幸せそうにスヤスヤ。そうした光景を目にするたび、飼い主さんの心は和みます。

「おじいちゃん猫になっても、ラブラブでいてほしいなぁと願うばかりです」

◆コロナ禍でも飼い主夫婦の笑顔を支えてくれた

 日常に笑いと癒しを与えてくれる愛猫たちは、飼い主さんにとって幸せの象徴。

「実は、私たち夫婦は入籍後すぐにコロナ禍になったのですが、この子たちのおかげで暗い気持ちにならず、毎日笑顔で明るく過ごすことができています」

 どんな状況下でも家庭を明るくし、笑顔の理由になってくれるうにくんとさくくんは、絆を深め合いながらニャン生を謳歌中。

 まるでカップルかのように、イチャイチャし続ける2匹の日常から、今後も目が離せません!

<取材・文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>

【古川諭香】
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291

関連リンク

  • 11/16 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます