クライアントに「NO」と言えない上司にウンザリ。休日や深夜作業は当たり前

拡大画像を見る

 2021年の新語・流行語大賞の候補が発表され、「親ガチャ」という言葉がノミネート。子どもは親を選べず、ガチャガチャ(カプセルトイ自動販売機)のように運要素が強いというものだ。たいていは親のせいで人生が困難に陥っているという文脈で使われるが、そこから派生して「上司ガチャ」までネット上には登場している。

 仕事において、成長できるのかどうか。それは、自分自身はもちろん、上司にかかっているとも言えるだろう。

◆成長したい自分と、邪魔をする上司

 不動産業界で働き始め、5年が経とうとしている田口雅夫さん(仮名・20代)は、入社当時に出会った上司についてのエピソードを教えてくれた。

「上司Aは、いわゆる“出戻り”の40代後半。私は、『少し変わった人だなぁ』と思いながらも、うまい具合に関係を築いていました」

 Aは、以前勤めていたときも店舗責任者だった。再雇用から1ヶ月で田口さんの勤める店舗で責任者に戻った。

「私がこの会社に入社しようと決めたのが、給料が一部歩合制で頑張った分だけ評価をもらえるところでした。そのためには、自分自身が成長しなければなりません」

 田口さんは、「どうしたら売れるようになるのか」「どうしたらお客様から営業として選ばれるのか」を日々考えていた。しかし、当時新人だった田口さんにとって、Aの言動は嫌がらせでしかなかったようだ。

◆与えられる仕事は単純作業のみ

「Aは、部下に仕事をテキトーに振るような人でした。私はとにかく稼ぎたかったのが本音です。なのに、歩合になるような仕事は与えられず、物件入力や物件の写真撮りばかりやらされました」

 田口さんは、仕事自体がつまらないと感じ始め、このままでは経験が積めないことへの不安を抱くようになっていく。そして、ある日……。

「Aから『田口くん、これやっといて』と言われ、他にも手が空いている人がいるのになぁと思いながら返事をしたら、『なにその返事は。もう何もしてやんねーよ』と机をバンと叩き始めたのです」

 大きい音にビクッとした田口さん。このとき、仕事に対してやる気がゼロになったという。それから田口さんは、Aの元で1年間働いたが、大した結果も出せず、無駄な時間を過ごしたと後悔していた。

「運よく、私が店舗異動することになりました。上司によって仕事へのやる気も、できることも変わるので、『上司ガチャ』というのも運かなと思います」

 異動してからの田口さんは、成績も好調で昇格もできたそうだ。

◆仕事は部下に丸投げの上司

 現在、IT企業で働いており、主にシステム設計に携わっているという村瀬奈々子さん(仮名・30代)。3年前に異動を命じられたときに出会った、上司Bについて教えてくれた。

「部署編成により多くの社員が異動を命じられました。私が所属する部署に課長職として着任したのがBです」

 悲劇は、Bが着任して間もない頃に起こった。

「クライアントとの打ち合わせで『これ、できますか?』と聞かれたBは、ほぼ間髪入れずに『できます』と回答しました。最初は、判断力がある上司で良かったと、ワクワクしていたことを覚えています」

 しかし、時が経つにつれて上司の本性が露わになる。

◆クライアントに「NO」と言えないだけ

「この人は何も考えていないことが分かったんです。単純にクライアントに対して“NO”が言えないだけ。クライアントの要望をすべて受け入れる“トンデモ上司”でした」

 クライアントの前では満面の笑みでペコペコし、チーム会議では表情が豹変するという。

「鬼のような顔で私たちに作業指示を出します。指示にかんしても具体的なものではなく、どうにかしろという感じでした。当然ですが、リソース(作業ができる人数)に限りがあるので、無理なスケジュールで仕事することが常態化していました」

 残業や休日出勤して作業を消化しなければならないような状態が続いた。会社自体は、昨今の働き方改革の推進により、残業や休日を利用して働くことを禁止していたにもかかわらず……。

「帰りの電車や休日中に、いかにして自分のタスクをこなしていくかというタイムスケジュールを頭の中で作り、月曜の始業開始と同時に無我夢中で作業をするという習慣が身につきました」

◆無理難題をこなした結果、成長につながった

 現在もBの下で働いている村瀬さん。おかげで、作業スケジュールを組み立てるスキルや作業スピードにかんしては、どんな人にも負けないと自負している。

「私は『上司ガチャ』に失敗したのでしょうか?」

 “ITあるある”のひとつかもしれないが、結果的に見れば、上司の無理難題が成長につながった。とはいえ「ほら、やれるじゃん」と、さらに業務量が増えないことを祈る……。

<取材・文/chimi86>

―[上司ガチャ失敗談]―

【chimi86】
ライター歴5年目。趣味は読書、ミュージカル、舞台鑑賞、スポーツ観戦、カフェ。Instagram:@chimi86.insta

関連リンク

  • 11/16 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます