彼氏が初めて家に来る!おうちデートのおもてなし&準備9パターン

初めて彼氏をおうちに招待するとき、どんな準備をしたら喜ばれるのでしょうか。せっかくなら「男心をくすぐるおもてなし」をあらかじめリサーチしておきたいところです。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性391名に聞いたアンケートを参考に「家デートで『気が利くなー』と彼氏に感心されるおもてなし9パターン」をご紹介します。

【1】玄関に爽やかなアロマを漂わせる
「女の子の部屋だー!と感激しました」(20代男性)というように、多くの男性は、ドアを開けた時の香りに興奮するようです。柑橘系など清潔感あふれるアロマを選んで、ほんのり香るくらいに調整しておくと、「いつもいい匂いの部屋に住んでいる」と認識してもらえるかもしれません。

【2】テーブルに季節の花を活ける
「花と無縁の暮らしなので、胸がときめきました」(20代男性)というように、お花を食卓に飾っておくだけで、女性らしさを感じ取ってもらえるようです。豪勢なものを気張って用意するより、さりげなく一輪を活けたほうが普段から習慣としているように見えるでしょう。

【3】「よかったらこれ使って」とさっとハンガーを出して、上着をかける
「『妻のお出迎え』みたいでドキッとした」(20代男性)というように、部屋でくつろいでもらうために服を預かる気遣いは、甘い結婚生活をイメージさせるかもしれません。上着なしでも快適にすごせるよう、部屋を適温にしておきたいところです。

【4】いかにも清潔そうな「新品のスリッパ」を用意する
「もし使った形跡があったら『誰がはいたの?』って思っちゃう」(20代男性)というように、ピカピカのスリッパを置いておけば、彼氏に「一番乗り」感を与えることができるでしょう。高いモノでなくてもいいので、「明らかに新品」の一足を用意してはいかがでしょうか。

【5】好きな飲み物を選べるよう、数種類のドリンクを用意しておく
「出がけにコーヒーを飲んできたので、代わりに出てきたハーブティーがうれしかった」(20代男性)というように、飲み物を選べるようにしておくと、「ワンランク上の気遣い」を感じさせることができるようです。彼氏の好きな飲み物のなかから、複数を準備しておきましょう。

【6】待たずに食べられる「煮込み料理」を仕込んでおく
「自炊慣れしてるなーって感心!」(20代男性)というように、相手を待たせず、二人で同時にテーブルに着くことのできる料理を仕込んでおくと、ゆったりとした食事を楽しめそうです。「サラダとドレッシングはあらかじめ冷やしておく」などの段取りの良さも感心されるでしょう。

【7】二人の時間を大切にするためにテレビやPCを消しておく
「バラエティとか見てゲラゲラ笑ってたら雰囲気台無し」(20代男性)というように、二人だけの世界に没頭するため、余計なモノは消しておく気遣いも必要かもしれません。テレビやPCはもちろん、チラチラ見てしまいがちなスマートフォンもマナーモードにしておきましょう。

【8】間接照明でムーディーな雰囲気を出す
「大人の時間にピッタリ。落ち着きます」(20代男性)というように、ライトを工夫して、リラックス空間を作れば、彼氏との距離がグッと縮まりそうです。電球やLEDを活用するだけでなく、キャンドルで幻想的な演出をすると盛り上がるでしょう。

【9】彼氏専用の部屋着とタオルを用意する
「ジーパンで過ごすよりだいぶラク。ありがたい」(20代男性)というように、お泊まりに備えて、彼氏の分のルームウェアを購入しておくのもいいでしょう。室内でゆっくり過ごすなら、デザイン性はともかく、着心地の良いスウェットなどが無難かもしれません。

特に初めて女性の部屋にあがる男性は、「女の子らしいモノやおもてなし」に弱いようです。アロマを漂わせる、花を飾るなど、分かりやすいところからやってみてはいかがでしょうか。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年6月3日から10日まで 対象:合計391名(独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/16 15:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます