乃木坂46齋藤飛鳥、VR撮影でまだ知らない賀喜遥香の一面見た「すっとぼけた子?」

拡大画像を見る

ソニーマーケティングは、Xperia専用スマートフォン差し込み型ビジュアルヘッドセット「Xperia View(エクスペリア ビュー)」で視聴できる、オリジナルVRコンテンツ『いつか混ざりたいものです』の発表会を都内で開催した。


乃木坂46が出演するオリジナルVRコンテンツ『いつか混ざりたいものです』は、高精細な8K HDRで360度楽しめるVR映像で、彼女たちのすぐそばにいるような臨場感を味わうことができるという。


発表会には乃木坂46から、本コンテンツに出演した、齋藤飛鳥、梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香が、オリジナルの秋らしい制服姿で揃って登壇した。齋藤は「VR自体は割と観たことがあったし、体験したことはあったのですが、この撮影の日に初めてVRに触れさせていただいて、観させていただいて、あ、こんな風になっているんだって進化の仕方が私にとっては新発見で楽しかったです。それと個人的もうひとつ新発見したことがありまして、ちょとした台本のようなものはあったのですが、賀喜ちゃんがとても変な子なんだっていうのに気付かされました」と告白。「なんか…すごいすっとぼけた子で、ちょっと抜けてたり、意味分かんない発言を連発してました。テンションが高くて楽しそうでした」と、初めて体感した賀喜の一面に戸惑ったようすだった。遠藤は賀喜との撮影が多く、「教室ということもあって、2人で放課後を過ごしている気分でした。10回クイズとかして、リラックスしていました」と話すと、齋藤からは「若いなー」と、おねえさんな発言も飛び出した。


5人にはオリジナルVR作品のシチュエーションをプレゼンするコーナーが設けられ、梅澤は「鍋を囲むのが良いと思います。メンバーと一緒にこたつとかに入ってですね。リアルだとなかなか味わえない空間じゃないですか?乃木坂ってオフの部分がより魅力的なメンバーが多いので、撮影する私たちも素で臨めるんじゃないかなと思います」と名案を繰り出したが、齋藤が「水中乃木坂」と発表。「とてもクリアな映像なので水に中でも綺麗だと思うんですね。私たちの曲で『ガールズルール』という曲があるんですが、ジャケ写が水の中なのに、めっちゃ可愛いんです。乃木坂って水の中でも可愛いから、これはイケると思って。私は泳ぎが得意ではないので、ダイビングとかを得意なメンバーに教えてもらうというのはどうでしょう?」と想像の斜めを行く提案に、「さすが飛鳥さんの発想はすごいな。私鍋って…」と感心していた。


齋藤と梅澤で『いつか混ざりたいものです』を体験する企画では「Xperia View」を装着。梅澤はセットしてすぐ「かっきーがいるー可愛いー。完全に混ざってますよー」と声を上げ、齋藤は一点をじっと見つめ「賀喜ちゃんが絵をみせてきます。これ賀喜です」と実況しながら、思わず手を伸ばすという可愛い仕草もみせた。


ベストアルバムが来月発売されることにちなみ、VR化してみたい1曲を選んでもらうと、賀喜は「『ごめんねFingers Crossed』をチョイス。カーレースのMVなので、いろんな角度から観られたら迫力あるだろうなって思います。メンバーの衣装もすごく可愛いので」。梅澤は「『裸足でSummer』が観たいです。まずメンバーと沖縄ヘ行けますし、メンバーの踊っている様子も近くで観られるし、メンバーのわちゃわちゃはしゃいでいるシーンもあるので選びました」。そして齋藤は「『ジコチューで行こう!』です。終わりの方に花火のシーンがあるんですが、本当に真隣でバンバン上がってたのをVRで体験できたら、やっとあの時の興奮が伝わるなと思いますね」。遠藤は「『制服のマネキン』です。体育館で撮っているダンスシーンがすごく好きなんです。照明も相まってとてもカッコいいので、VRで観た時の臨場感も迫力もすごいだろうなと思って選びました」と、それぞれのベストチョイスな1曲が並んだ。


最後に齋藤は「わたしたちが体験したからこそお薦めするんですけど、“ここでしか観られない”って言葉をよく使うけど、本当にこれは「Xperia View」じゃないと体験できないことがたくさんあります。ぜひ手に取っていただいて実際に体験していただきたいなと思います」とアピールした。




『いつか混ざりたいものです』 教室篇 

出演:齋藤飛鳥、梅澤美波、賀喜遥香、遠藤さくら 

いつも見ていた乃木坂46のメンバーと同じ教室にいる体験。あなたを中心に交わされる会話。

ファンの「まざりたい」夢が実現しました。いつもより、ぐっと距離が近くなる8K HDR映像 による360度VRの世界をXperia Viewで体験できます。


関連リンク

  • 11/16 14:47
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます