吉村知事「確かにブーメラン、ここは反省」自身の6年前 文通費1日で満額問題で

拡大画像を見る

 大阪府の吉村洋文知事は16日、ツイッターを更新し、国会議員の文書通信交通滞在費(文通費)について、わずか1日でも満額支払われたことに疑問の声をあげたところ、自身の6年前の問題が「ブーメラン」として戻ってきたことに「ブーメランだけど、これで良かったと思う」とつぶやいた。

 吉村知事は、6年前に自身が10月1日に辞職した際、文通費を満額受け取っていたことを報じたネット記事を添付。「吉村知事にブーメラン」の見出しが躍るが、吉村知事は「確かにブーメラン。ここは反省」と認めた。

 その上で「ブーメランだけど、これで良かったと思う」ともつぶやき「文通費は、日割りの問題だけでなく、経費でありながら、現行制度は『領収書不要、精算不要、返金不可』が本質的におかしい。ここを法改正を」と訴えた。

関連リンク

  • 11/16 14:41
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます