辛い闘病生活で余裕がなくなり…夫婦は次第に孤立していく【鼻腔ガンになった話 Vol.68】

※この記事は筆者の体験談です。今から20年ほど前の出来事で、ガン治療やホスピスについての一般的な考え方・対応は現在とは異なります。■前回のあらすじ
叔母のもとへ友人たちがお見舞いに。友人たちの叔母への想いが「死の恐怖」を増幅させてしまったようにも見え…。また、周りの善意が時にガン患者の負担になることもある…と感じるのでした。

■孤立していく叔母夫婦






体力的にもしんどくて、1日1日を過ごすことが精一杯の時、どうしてもきつい言い方をしてしまう時ってあると思うんです。それは仕方がないのかもしれません。

でも毎回イライラをぶつけられる立場だったら。それを見るしかできない立場だったら。

悲しい状況ですが、だれも悪くないと思うんです。


■人の目が怖くなってしまった叔母






少し悲しい状況がおじちゃんにも、じゅんちゃんにも続きます。

※本記事はあくまで筆者の叔母の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/16 14:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます