麒麟・川島明、相方・田村裕の“成長”信じ仕事まい進するも「深海魚みたいな進化を遂げてしまった」

拡大画像を見る

14日に放送されたラジオ番組『川島明のねごと』(TBSラジオ)にゲスト出演したのは、同じ吉本芸人の千鳥だ。かつて大阪を中心に活動しbaseよしもとの“トップ組”として君臨していた麒麟と千鳥、一時期は川島明が大悟に睨まれ続けるなど険悪な時期もあったそうだが、ともに東京進出した現在はすっかり仲良しだという。

今では人気芸人の筆頭となった彼らだが、ノブは「俺らより全然凄いですよ」とさまざまなジャンルをこなす川島の“稼働数”を称賛。大悟も「家に電波塔かなんか立ててます?」ともはや存在自体がメディア化している川島の発信力に驚いているようだった。

そんな川島、多くの番組で重宝されるのはもちろん実力ありきだろうが、これまでがむしゃらに仕事をしてきたのには理由があるという。それが相方・田村裕の存在である。

田村といえば2007年に出版した自叙伝『ホームレス中学生』が200万部以上を売り上げ、映画やテレビドラマ化されるなど爆発的なヒットとなった。一方で芸人としての露出は激減し、川島1人での活動が目立っている。

川島は当時、麒麟としての活動が減ったことを悩んでおり、吉本の先輩であるメッセンジャーの黒田有に相談したという。そこで言われたのが、「川島がとにかく一生懸命売れろ」という言葉だった。自身の経験を重ね合わせた黒田は、「やっぱ人間、相手が売れたら何クソと思って成長を遂げる」と相方の負けず嫌い精神をうまく引き出すようアドバイスしたのだ。

「ちょっと売れるじゃアカンぞ。完全に売れきれたって、パッと横を見たら田村も絶対舞台にいるから」という黒田の言葉を信じ、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)をはじめとしたさまざまな番組に1人で出演し、企画も考えるなど「めっちゃ頑張った」と語った川島。その甲斐あって今ではすっかり「売れきった」状態にあるが、相方に関しては「パッと横見たら、体育館でドリブルしてて」とお笑いではなくバスケットボールに熱中する田村を揶揄し、「話が違うのよ」と想像とは異なる結果を嘆いていた。

「悔しいから俺も」ではなく「俺は俺で」と違うベクトルを向いてしまった田村を「深海魚みたいな進化を遂げた」とたとえた川島。「陸に上がってきて欲しかった」と語ると、ノブは「そういう意味ではもう、今ですよね」と川島が売れたこれからがチャンスだとフォローした。大悟も「ワシらがケツ叩いたほうがいいんかなあ」と協力に手を挙げると、「やってよ“クセスゴ”とかでドリブル8分…」と千鳥の番組で田村を取り上げるようお願いする一幕もあった。

他にも『相席食堂』(朝日放送テレビ)への出演を検討するなど、芸人としての田村の復活を真剣に考えていた川島と千鳥。「ダイアンと田村は救済していきたい」と語った3人の協力は実を結ぶだろうか。

画像2枚目は『川島のねごと 2021年11月14日付Twitter「【放送中 #川島ねごと】」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 11/16 12:33
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます