「やっぱりな…」フレードは“中立の立場”のS氏の行動にある違和感を覚えて…?!【ドイツで交際結婚そして国際離婚する話】<Vol.146>

SNSで話題!泥沼な国際離婚の話を紹介!
「@pandapanta0918」さんの「「やっぱりな…」フレードは“中立の立場”のS氏の行動にある違和感を覚えて…?!【ドイツで交際結婚そして国際離婚する話】<Vol.146>」を紹介します。


ドイツ人の旦那と国際結婚してから、離婚するまでの話です…。
前回、フリちゃんがクリスの家に行ってしまいました…。

フリちゃんがいない日々に慣れないぱん太さんは…。

悲しみに暮れ…




みんなに励ましてもらい…




やっと戻ってきた…!




フレードが覚えた違和感とは…?!



フリちゃんがいなくて、ぱん太さんは寂しくて仕方ありませんでしたね。
周りの人達に励まされ、支えられてようやくフリちゃんが戻ってくる日に…。

そこでフレードは「中立の立場」のS氏に違和感を覚えた様子。
フレードが確信した「あるコト」とは…?!

今回は「「やっぱりな…」フレードは“中立の立場”のS氏の行動にある違和感を覚えて…?!【ドイツで交際結婚そして国際離婚する話】<Vol.146>」をご紹介致しました!

次回、頭が真っ白!私は“中立の立場”のS氏が夫一家とプライベートで繋がってる事を知って…?!


毎日1日1話更新中♪次回の配信もお楽しみに!

(恋愛jp編集部)(イラスト/@pandapanta0918)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/16 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます