西島秀俊、「99.9」で初共演の松本潤と互いの印象明かす「とても刺激的でした」

【モデルプレス=2021/11/16】嵐の松本潤が主演を務める映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」(12月30日公開)の新場面写真が解禁。同時に、松本と初共演となる西島秀俊とのお互いの印象コメントも到着した。

◆松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」

本作は個性豊かな弁護士たちが、99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく、新感覚の痛快リーガル・エンタテインメント。日本の刑事事件における裁判有罪率は99.9%。それは日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえる一方、一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがち、という大きな落とし穴が。しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残りの0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で‟事実”にたどり着いたことにはならない。本作は、その最後の「0.1%」まで諦めず、事実を追求する弁護士たちの姿を描いた物語。

映画では、超型破りな弁護士・深山(松本)、敏腕弁護士・佐田(香川照之)、新ヒロインの新米弁護士・穂乃果(杉咲花)の元に15年前に起きた毒物ワイン事件に関する依頼が舞い込んでくる。その事件には、謎の弁護士・南雲(西島)とその娘エリ(蒔田彩珠)が関わっていた。

深山たちは、事件が起きた村で出会った青年・守(道枝駿佑)の協力を得ながら、事件を徹底的に調べていくことに。しかし、巧妙に仕掛けられた罠によって、事実を追求してきたはずの深山が、まさかの冤罪を生んでしまうことに?最大のピンチに見舞われながらも、果たして深山たちは0.1%の事実にたどり着くことができるのか。

◆西島秀俊「とても刺激的でした」

この度、深山ら斑目法律事務所チームと対峙する謎の弁護士・南雲(西島)の新場面写真が解禁となり、同時に初共演の松本とお互いの印象コメントも到着した。

西島は、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ正式出品され脚本賞ほか4部門で受賞した「ドライブ・マイ・カー」をはじめ、「奥様は、取り扱い注意」、「劇場版 きのう何食べた?」と、2021年公開の話題映画にも多く出演するほか、現在放映中の日テレ「真犯人フラグ」でも主演を務めている。

本作では、謎の弁護士・南雲恭平を演じ、12月29日オンエアのSPドラマから登場、映画版では深山らが挑む史上最大の難事件・毒物ワイン事件に大きく関わる人物として、深山らと対峙する。

今回解禁となった場面写真は、南雲恭平の1ショットと、斑目法律事務所に訪れた南雲が、深山らと対峙するシーン。なぜ南雲が斑目法律事務所へ来たのか。彼は深山を阻む敵なのか?その関係性の謎が、作品への興味をより一層引き立てます。さらに、映画では南雲の秘められた過去が明らかに。

今回初共演となる松本と西島はお互いを「西島さんが参加して下さったおかげで、この作品に深みが出たと思います。西島さんには本当に感謝しています」(松本)、「僕の撮影初日に、自身の撮影シーンがないにも関わらずロケ現場に松本さんが現れて、作品に対する愛情と作品のいちばん大事な部分を背負っていることを感じて、とても刺激的でした」(西島)と語り、息の合った芝居にも要注目。西島演じる南雲の正体、その真意を知ったとき、深山らはどう動くのか、目が離せない展開となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/16 8:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます