<婚姻届に判を捺しただけですが 第5話>美晴との同居生活開始…百瀬&明葉の関係に影も

【モデルプレス=2021/11/16】女優の清野菜名がヒロインを演じ、俳優の坂口健太郎が相手役を務めるTBS系ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(毎週火曜よる10時~)の第5話が16日、放送される。

◆清野菜名&坂口健太郎「婚姻届に判を捺しただけですが」

本作は、「フィール・ヤング」(祥伝社)にて連載中の有生青春による同名漫画が原作。偽装結婚がテーマとした“不意キュン”必至のラブコメディとなっている。

結婚願望ゼロのイマドキ女子・大加戸明葉を清野、堅物変人イケメン・百瀬柊を坂口が演じる。

◆第5話あらすじ

美晴(倉科カナ)が離婚届を残していなくなってしまった…。

身寄りのない美晴の行き先がわからず、同級生たちに連絡をとる百瀬(坂口健太郎)を、明葉(清野菜名)は心配そうに見つめることしかできない。

美晴の行方が気がかりなまま時間だけが過ぎる中、不動産屋の前に美晴の姿が!家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案するのだった。

だが、偽装結婚中の2人には美晴がいることで生活に大きな変化が…。同じベッドで寝ることになり、緊張した時間を過ごす明葉をよそに 、百瀬は美晴への想いをポツリポツリと話し始めるのだった。

百瀬と一緒にいたいと思うようになった明葉の願いも虚しく、美晴との同居生活で2人の関係にも影が差し始めてしまい…!

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/16 7:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます