菅田将暉&小松菜奈 売れっ婚 今が旬の美男美女カップル 赤い「糸」で結ばれていた

拡大画像を見る

 俳優の菅田将暉(28)と女優の小松菜奈(25)が15日、結婚したことを発表した。連名の直筆コメントを菅田の公式HPなどに載せ「私達は、戦友であり、心の支えであり、これからは家族になります」と報告。入籍日は公表しない。挙式・披露宴は未定。小松は妊娠しておらず、仕事を続けていく。

 ダブル主演作「糸」を含む映画3本で共演し、役者、人間として尊敬し合える関係性を築いてきた美男美女カップルが、ゴールインした。

 菅田と小松は、お互いが文章を書き分けた連名の直筆コメントを発表。どの部分をどちらが書いたのか詳細は伏されたが、似ている筆跡にも2人の相性のよさがにじんだ。

 コメントでは「まだまだ未熟な二人ですが、この出会いに感謝し、日々心豊かに、生活を楽しんで、幸せな家庭を築いていきたいと思っております」と決意表明。互いを「戦友」「心の支え」「家族」と表現し「人生を共に考え進んでいくこと、とっても楽しみです!」と将来を見据えた。

 ともに売れっ子だけに、度重なる共演で絆を深めていった。16年公開の映画「ディストラクション・ベイビーズ」で初共演。バイオレンス色の強い作品で、菅田が小松をはたくシーンもあった。小松の要望で“フリ”ではなく、実際に当てており、のちに小松は「役柄だけでなく、菅田を嫌いになりそうだった」と明かしている。

 だが、ダブル主演した「溺れるナイフ」では、長時間の海への入水撮影を乗り越えるなど“戦友”に。連続して過酷な撮影を共有し、初主演だった小松は同作の舞台あいさつで次に共演するなら「ハッピーなのをやりたい」と語っていた。

 その言葉が言霊となったのか3度目の顔合わせとなったダブル主演映画「糸」では31年間にわたる愛の物語を紡いだ。糸を人に見立てて男女の出会いの奇跡を歌った中島みゆきの同名曲がモデルの作品。同作の撮影を経て交際に発展し、宣伝イベントでは菅田の印象を聞かれた小松が「器の大きな方で、私もそうありたいと思える方」と感涙したこともあった。

 関係者によると、菅田も出会った当初から小松にぞっこんで早くから結婚を意識していたという。今年7月には週刊誌に同居を報じられるなど、ゴールインは間近とみられていた。

関連リンク

  • 11/16 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます