テレ東・角谷暁子、取材中にバストより注目された“ピッタピタ”弾けるヒップ

拡大画像を見る

 テレビ東京の角谷暁子アナが、11月10日放送の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」に出演。ボリューミーな下半身を見せ、男性視聴者を興奮させたようだ。

「スタジオでの角谷アナは、紅色のワンピース姿で登場。首元までしっかり覆ったデザインで、一見、地味には見えたのですが、やはりそこは推定Eカップの角谷アナ。上半身部分に入ったプリーツは胸のあたりで大きく歪み、その存在感がしっかりアピールされていましたね。男性視聴者を裏切らない安定した強調ぶりでした(笑)」(女子アナウオッチャー)

 ただし、この日の放送はこれだけでは終わらなかった。

「途中、フィールドキャスターを務める角谷アナが取材したVTRが流れたのですが、そこでの彼女は黒シャツに白のズボン姿。その白ズボンのピタピタ具合がハンパなく、飲食店を訪問し、椅子に座るとボリューム感たっぷりのヒップのラインがくっきり。彼女の場合、ウエストラインもしっかりとくびれていることから、よけいに重量感が伝わってきましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 そんな角谷アナにネット上では《ロング髪に大きなヒップの後ろ姿…タマラん!》《まさに安産型のヒップ。バストもスゴイし、どんだけ男好きするカラダなんだ!》など絶賛の声があがっていた。

「『ミス慶応コンテスト2014』でグランプリに選出されている彼女は、高校、大学時代とダンス部に入り、その実力はチアリーダーからストリートダンスまでこなす本格派。パツンパツンに弾けたヒップは、おそらくその時に育まれたのでしょう」(前出・女子アナウオッチャー)

 角谷アナ、バストのみならず下半身にも注目である。

関連リンク

  • 11/16 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます