小惑星「リュウグウ」のサンプルが無料で見られる!「はやぶさ2」帰還1周年イベント

拡大画像を見る

 2020年12月6日に小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星リュウグウのサンプルを格納したカプセルを地球に帰還させてから1年が経過した。これを記念し、12月6~12日まで「はやぶさ2」の故郷である相模原市でサンプルを公開する。

 今回、公開するサンプルは約1~2mmの大きさ。会場は、相模原市立博物館 エントランスホール特設会場で入場は無料する。
 公開日時は12月6日が13時30分、14時30分、15時30分。12月7~12日が9時30分、10時30分、11時30分、12時30分、13時30分、14時30分、15時30分。各回定員80人。60分での入れ替え制となる。
 入場には電子申請または往復はがきで事前の申し込みが必要。1枠80人以上の申し込みがあった場合は抽選となる。申込受付期間は11月12~19日23時59分まで(往復はがきは11月19日必着)。
 また、12月12日にJAXA特任教授の橘省吾氏を迎え、記念講演会を開催する。会場は相模原市立博物館 大会議室。開催時間は11時から12時30分まで。定員は100人(先着順)。

関連リンク

  • 11/15 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます