不破聖衣来18歳「パリ五輪」に向け爆走だ 異次元の走り、日本の長距離に超新星

拡大画像を見る

日本の女子中長距離界では、若手の急成長ぶりが目覚ましい。東京五輪でも入賞者が相次いだ。中でもこのところ注目されているのが拓殖大学1年生、不破聖衣来(ふわ・せいら)選手だ。まだ18歳だが、レースでの快走が続いており、2024年のパリ五輪に向けて陸上関係者の期待は大きい。

大学駅伝で一躍注目

2021年11月14日に開かれた第36回東日本女子駅伝。不破選手は群馬県チームのアンカーとして最終9区(10キロ)に出場した。3位でタスキを受けたが、5キロも走らないうちにトップとの40秒近い差を詰めて抜き去り、優勝のテープを切った。途中で何度かギアを入れ替える余裕の走りだった。

不破選手が一躍注目されたのは、10月31日に開かれた全日本大学女子駅伝だ。各大学のエースが集まる最長区間の5区(9.2キロ)を28分0秒で走り、区間記録を1分14秒も大幅更新した。1人また1人と先行する選手を抜き去り、チームを一気に9位から3位に押し上げた。

1万メートルのレースに換算すると、30分台という好タイム。テレビ中継されていたので、異次元のスピードに目を奪われた陸上ファンが多かった。

「拓大に驚速1年生」「驚異的な走り」(スポニチ)
「パリ五輪に新星」(スポーツ報知)

スポーツ各紙も取り上げ、当日のテレビ解説を務めた高橋尚子さんも「スター誕生」と期待を込めた。日刊スポーツは、「SNS上も沸騰。ツイッターでは『半端ない』『次元が違う』『怪物』『名前もヒロイン』と、大絶賛祭りとなった」と伝えた。

小柄だが、中距離選手のような大きなストライド。陸上選手のお手本のような滑らかなフォームで淡々と走る。練習やレースで苦しいと思ったことはないというのも驚きだ。

髪も染めてピアスも

不破選手は中学時代から同世代のトップ選手として有名だった。しかし、高校時代は故障などもあって伸び悩み、今春、大学入学後に一気に花が開いた。6月のU20日本選手権5000メートル優勝、9月の日本インカレ5000メートルも優勝している。

不破選手に注目しているのは陸上界だけではない。雑誌「FLASH」もさっそく11月10日配信記事で取り上げている。タイトルは「陸上界のフワちゃん・不破聖衣来選手 駅伝で "異次元の走り" を呼び込んだ『負けなしピアス』」。

不破選手は、大学生の陸上選手では珍しく、やや茶髪。レースではピアスをしている。同誌の取材に、「おしゃれも楽しみたくて、大学に入ってから髪も染めてピアスも開けました」と話している。愛用しているピアスは、「5月の関東インカレで優勝したお祝いにコーチからもらいました。ゲン担ぎで、レースのときにしか着けないのですが、着けたレースは負けなしなんです」(不破選手)。

「目指す舞台はパリ五輪」

今夏の東京五輪では、陸上競技の中長距離で女子の若手選手が大活躍した。田中希実選手(当時21歳)が1500メートルで8位に。同種目では日本選手初の入賞だった。廣中璃梨佳選手(20歳)も10000メートルで7位に。日本人選手としてこの種目の25年ぶりの入賞を果たした。

スポーツ報知によると、不破選手は東京五輪を見て「私も挑戦したい」という思いが強くなったとのこと。「目指す舞台はパリ五輪」と同紙に語っている。

東日本女子駅伝の優勝インタビューでは、「これからどんどん大きな大会も増えてくると思うので、そこでも活躍できるように頑張ります」と話していた。

女子の中長距離では、このほか20歳で東京五輪5000メートルに出場した萩谷楓選手が、9月には5000メートルで日本歴代4位、14分台の好記録を樹立。目覚ましい進境ぶりを見せている。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/15 19:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます