三浦瑠麗氏に30万円の賠償命令 ツイッター投稿で

拡大画像を見る

 国際政治学者・三浦瑠麗さんのツイッターへの投稿で、プライバシーを侵害されたとして、テレビ朝日社員の男性が、三浦さんを相手どり、300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であり、男性の訴えを一部認め、三浦さんに30万円の支払いを命じた。

 判決によると、「週刊ポスト」が19年4月、当時男性の妻だった元アナウンサーの女性記者の不倫疑惑を報道。三浦さんはこの報道を受け、「離婚訴訟係争中の人を不倫疑惑とする方が間違い」などとツイートした。

 男性は、それまで報じられていなかった離婚調停の状況などをさらされたなどとして、19年7月に提訴していた。名誉毀損の成立については認められなかった。

 判決について、男性は「ネット上の発言にも責任が伴うことを、改めて示した判決だと受け止めています。公に発信することの重みを、三浦さんには分かってほしいと思います」とコメントしている。

関連リンク

  • 11/15 19:41
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます