戸田恵梨香、“私から発信されるもの以外事実はありません”が本当かを総点検!

拡大画像を見る

〈どれだけの人を巻き込んだら気が済むのだろう〉

 その書き出しはポエムのようであった。これは、去る10月27日に女優の戸田恵梨香(33)が公式インスタグラムにアップした画像に描かれた文章。それだけ聞けば、なおさら抒情的にも読めてくる。が、画像を見ると、白い文字が黒地の背景から浮かび上がる。得も言われぬ威圧感が…。それもそのはず、これは「抗議声明」だったのだ。

 発端は「WEB女性自身」が、戸田のドタキャン騒動を報じたこと。主演を務める映画とドラマ2本の出演を急きょ、取りやめたという内容だった。そこから「精神的不調か」、「オメデタ?」と降板理由を探る報道が相次いだ。その中に、問題になった「週刊女性」の記事がある。声明をアップする前日に発売された誌面に親友である女優の水川あさみ(38)と不仲に陥っていることが報じられていた。

 同時に水川も公式インスタを更新。同様に「抗議声明」をアップしており、「週刊女性」が原因で間違いない。が、戸田の怒りのホコ先は芸能ニュースを伝える媒体全部に向けられているようにも読める内容だった。

 戸田の「抗議声明」の末尾には、〈私に関する事は私から発信されるもの以外 そこに事実はありません〉という言葉もあった。11月16日発売の週刊アサヒ芸能11月25日号では、この言葉に忠実に記事作りをすべく、戸田の「ワタシ発信」を総チェック。すると“ブレブレ”なところも目立っていてー。

関連リンク

  • 11/15 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます