【祝・結婚】菅田将暉&小松菜奈は“ツーカー” 映画「糸」共演時に語っていたこと

【モデルプレス=2021/11/15】菅田将暉(28)と小松菜奈(25)が15日、結婚したことを発表。2020年に公開された映画『糸』の共演時に、2人が語っていたエピソードを振り返る。

◆菅田将暉&小松菜奈「糸」共演時に語っていたこと

平成を代表する国民的人気曲となった中島みゆきの「糸」。本作は、糸を人に見立て男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌ったこの楽曲が、令和という新しい時代を迎えた2020年に、めぐり逢いの奇跡を描いたラブストーリー。

『糸』で3度目の共演となった菅田と小松を見ていた瀬々敬之監督は、2020年8月に行われた完成報告会で「ツーカーというか、待ち時間も親しそうにしていましたけど、決して馴れ合いにならないように、新しいところにいきたいと常に目指している感じでした」と撮影時を回顧。

これに菅田は「ツーカーはツーカーなんでね。でも今回同じシーンが意外となくて、幼少期の頃の思い出ありきの芝居だったので、初めましての人じゃなくて良かったなと思いました。過去作では中学生を演じたりもしていたので、お互い首絞め合ったり顔面にツバを吐いたりしていたことが今回の作品に効いてきたのかな」といい、小松も菅田との再々共演を「今までは激しい作品が多かったのですが、今回は王道のラブストーリーということで、私たちがこの作品でどう変化したところを見せるのかという面白さもあった。本当に縁、というか、共演してきて長いので、今回またご一緒できてすごく嬉しかったです」と語っていた。

また、互いの印象の変化について話題に及ぶ場面では、小松について「いっぱい差し入れするようになりました。前は余裕がそんなになかったように見えて、撮影の合間もそんなに会話をした記憶がなかったけど、今は僕らじゃないとできないケアみたいなのもあると思うので、そういう主演感というか俳優感みたいなのを感じました」と話した菅田。小松は「子供が好きというのは聞いていたのですが、子役の子に愛情たっぷりで、父親みたいな一面が見れました。いいお父さんになるんだろうな」と菅田の新たな一面について話していたのが印象的だった。

◆菅田将暉&小松菜奈、結婚を発表

菅田は15日、「ご報告です」とTwitterにて全文直筆の書面を公開。「この度、菅田将暉と小松菜奈は、結婚いたしましたことをご報告させていただきます」と報告した。

2人は『糸』のほか、映画『ディストラクション・ベイビーズ』『溺れるナイフ』で共演。かねてより熱愛が報じられ“お似合いカップル”として憧れの的として注目を集めていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/15 17:28
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます