Zeebra テレビで号泣のDJ松永へ「そんな心配しないで良いぞ!」のエール

拡大画像を見る

 ラッパーのZeebraが15日、ツイッターを更新。13日に日本テレビ系で放送された「マツコ会議」で号泣してしまったCreepy NutsのDJ松永へ「そんな心配しないで良いぞー!」と呼びかけた。

 「マツコ会議」では、Creepy Nutsが久々にそろって出演。DJ松永は、日本でヒップホップが広まるには限界があるとしたが、マツコ・デラックスは「ヒップホップがこれ以上大きくならないのは違うと思っている。テレビだからダメなのよ」と指摘し「テレビってものを使って、瞬発的にテレビでプロパガンダするのはいいが、盛り上がってもなぜ盛り上がったかっていったら、『凄い瞬発力あって賢いよね』とか『即興でこんなにできてかっこいいよね』って、そっちの部分で盛り上がった。本質のとこは置いといて」とコメント。

 すると突然松永が泣き出しマツコも仰天。「なんで泣いてんのよ」と驚くと、DJ松永は「分かってくれすぎててうれしい」とティッシュで大粒の涙を拭いていた。

 これにヒップホップ界のベテラン・Zeebraは「マツコ会議やっと観たけど、(DJ松永)泣きすぎだろwオモロかったし大切な話だったけど」とツッコミ。

 そして「そんな心配しないで良いぞー!もちろん守るべき人も居るけど、社会のポリコレが行き過ぎてるってのもあると思う。SNSで誰でも意見出来る世の中だからね」と意見を述べ「でもそんなのいつまでも続かないだろ。過渡期だよ」と呼びかけていた。

関連リンク

  • 11/15 16:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます