ありがたいけど…周りの善意がガン患者の負担になることも【鼻腔ガンになった話 Vol.67】

※この記事は筆者の体験談です。今から20年ほど前の出来事で、ガン治療やホスピスについての一般的な考え方・対応は現在とは異なります。
■前回のあらすじ
叔母のお世話をしていると、元気だった頃の記憶がよみがえり悲しくなってしまうことも。でも、叔母の前では悲しい顔をしたくないと思うのでした。

■じゅんちゃんの本音が…







お見舞いが悪いと言っているのではなく、お見舞いさえも患者が不安定にならないように配慮が必要かもしれないなと感じた話です。

「死にたくない」と泣くじゅんちゃんになんて声をかけていいかわからず…。慰めることもうまくできませんでした。


■善意が家族の負担になる場合も







あくまで個人の意見なので、私の考え方が正しいと言っているわけではありません。

みんな心配して言ってくれているのはとてもわかるんですけど、病気の説明をしたり、調べたり、うちは父と叔母をガンでなくしましたが、父と母は仕事も一緒で一日中説明しないといけなくなり、精神的にもまいっていました。

ガン患者を支える家族は日々大変です。そういう方々が、少しでも思い悩んだり、不安を抱えたりすることが減るように願っています。

※本記事はあくまで筆者の叔母の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/15 14:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます