W杯出場をかけた一戦へ…イタリア指揮官「重要な試合であることは分かっている」

拡大画像を見る

 イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がFIFAワールドカップカタール2022欧州予選について語った。14日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 12日に行われたスイスとの首位攻防戦を1-1の引き分けで終えたイタリアは、W杯本戦出場をかけて15日に3位・北アイルランドとのアウェイ戦を迎える。前日会見に臨んだマンチーニ監督は「ネガティブなことを考えてはいけない」と語り、「重要な試合であることは分かっているし、勝つことを目指す。北アイルランドが難しい相手だということも分かっている」と意気込みを示した。

 また、今夏のEURO2020で優勝を果たし37試合連続無敗という世界記録を樹立したチームについて、マンチーニ監督は「3年前にこの旅を始めた時には誰も信じてくれていなかった。これまでも難しい局面が多くあった。明日はデリケートな試合になるが、選手たちはこれまで成し遂げてきたことを決して忘れないでほしい」とコメント。さらに「彼らは不安を感じることなく、自由にプレーしてやるべきことに集中する必要がある」と、大一番へ発破をかけた。

関連リンク

  • 11/15 14:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます