パリス・ヒルトンが結婚、3日にわたるセレブレーションを開催 キム・カーダシアンらが出席

拡大画像を見る

パリス・ヒルトンが、11日(現地時間)にカーター・リウムと結婚式を挙げ、3日間にわたる“セレブレーション”を繰り広げた。パリスはインスタグラムに「私の永遠が今日から始まる…11/11」とコメントを添えたウェディング写真をアップし、報告している。

この投稿をInstagramで見る

Paris Hilton(@parishilton)がシェアした投稿

式は亡き祖父バロン・ヒルトンが所有していたベルエアの邸宅で開かれた。「VOGUE」誌によると、パリスは「小さな頃からここでおとぎ話のような結婚式を挙げることを想像していた」という。ウェディングドレスはデザインに数か月かかったという「オスカー・デ・ラ・レンタ」のもの。式にはパリスの元スタイリストのキム・カーダシアンや「シンプル・ライフ」で共演したニコール・リッチーらが出席した。

12日には、「ネオンカラー」にあふれるパーティーをサンタモニカ・ピアで開催。パリスは頭のてっぺんからつま先までピンクで統一した装い(ドレスは「Alice+Olivia」)で登場し、ゲストもネオンカラーを取り入れたコーディネートで出席した。ゲストの一人のデミ・ロヴァートは、蛍光グリーンのファーコートとそれにマッチしたサングラスをかけ、迫力を感じさせた。

13日には、挙式したベルエアの邸宅に戻り、ゴージャスなディナーパーティーを開いた。ゲストはケイト・ベッキンセール、エマ・ロバーツ、ジェイデン・スミスら。

パリスは今年2月17日、自身の40歳の誕生日にカーターと婚約したことを報告していた。

2人は2019年11月から交際を開始したが、10年以上前から友人関係にあったという。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 11/15 11:34
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます