超えられない3万円の壁 外国人投資家、日本株離れか!? (11月15日~19日)【株と為替 今週のねらい目】

拡大画像を見る

東京株式市場の日経平均株価は、3万円の大台を目前に足踏み。岸田文雄首相が大規模な経済対策を打ち出したものの、市場ではそれらが成長に寄与するとは受け取られていない。なかなか、材料にはなりにくい。

一方、米国の経済指標は市場予想を上回るものが多く、好調を維持している。ただ、インフレ懸念から早期の利上げ観測が強まれば、米国株上昇の足を引っ張ることになりかねない。

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 企業の決算発表は15日に一巡

日経平均株価予想レンジ:2万9000円~3万円

2021年11月12日(金) 終値 2万9609円97銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみ合いか。

前週の日経平均株価は、小幅ながら反落した。日経平均株価は3万円の大台に近づくと利益確定売りも見られ、上値が重い展開となった。

今週の日経平均株価は、もみ合いとなりそうだ。15日で決算発表が一巡する。手掛かり材料が乏しくなるなか、日経平均株価は3万円に近づけば、利益確定売りから上値の重い展開が続きそうだ。

岸田文雄首相は約40兆円規模の経済対策を打ち出したが、成長に寄与するような政策に乏しく、材料になりにくい。むしろ警戒が必要なのは、米国を中心としたインフレ懸念だろう。米国の早期利上げ観測が強まれば、米国株の上昇阻害要因となり、日経平均株価にも影響を与える可能性がある。

日本企業が決算発表を終えても、外国人投資家の日本株投資が積極化しないのも、気掛かり材料だ。

東京外国為替市場 米国の早期利上げ観測続く

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円00銭~115円00銭

2021年11月12日(金)終値 113円85銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、もみ合いか。

前週のドル円相場は、強含みで推移した。ドルは一時1ドル=112円台後半まで下落したが、米国の経済指標が市場予想を上回ったことで、早期利上げ観測が強まり、リスク選好のドル買いが積極的になった。それにより、1ドル=114円台前半まで上昇した。

今週のドル円相場は、もみ合いとなりそうだ。米国の経済指標に市場予想を上回る好調なものが多く、早期利上げ観測を背景にドルは底堅い。一方で、米国ではインフレ懸念が強まっており、景気回復に対する懸念も出ており、一方的なドル高基調にはなりづらい。また、1ドル=114円台では利益確定や実需のドル売りも見られることから、ドルの上値は重くなりそうだ。

経済指標は、国内では15日に7~9月期GDP(国内総生産)速報値、17日に10月の貿易収支、9月の機械受注、19日に10月の全国消費者物価指数などが予定されている。

海外では、15日に中国の10月の鉱工業生産と小売売上高、16日に米国の10月の鉱工業生産と小売売上高、設備稼働率、17日に米国の10月の住宅着工件数などが予定されている。

(鷲尾香一)

関連リンク

  • 11/15 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます