岡田晴恵教授「コロナ戦争」告白手記12・22発売 秘闘公表「勇気がいりました」

拡大画像を見る

 白鴎大学教授で感染症専門家の岡田晴恵氏の著書「秘闘 私の『コロナ戦争』全記録」(新潮社刊)が12月22日に発売されることが決まった。

 2019年末の新型コロナウイルス発生から2年間の“秘められた闘い”を克明に描いた告白手記。多くの報道番組やワイドショーなどで解説をする日々の裏で、岡田氏は何と闘っていたのか?尾身分科会会長、田村前厚労相をはじめ、コロナ対策を指揮した中心人物たちとのやり取りを記録している。

 政権の中枢、分科会の専門家、メディアと深いつながりを持つ岡田氏が気づいた、この国の矛盾と歪みとは。岡田氏は「この本を書くには勇気がいりました。覚悟も必要でした。ですが、この2年間で私が目の当たりにしてきた真実を、次世代のためにどうしても書いて残したかった。この国の未来のために、一人でも多くの人に読んでほしいと願っています」とコメントを寄せた。

関連リンク

  • 11/15 11:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます