ビタミンC・カロテン・ポリフェノール……柿の「美容効果」とは?

拡大画像を見る

 秋といえば柿! スーパーでもキレイなオレンジ色の柿をよく見かけますよね。そんな柿、実は次のような「美容効果」が期待できるんです。

 相模女子大学名誉教授の阿部芳子さんの著書「これは効く! 食品力を120%活用する食べもの効果効能事典」(主婦の友社刊)によれば、柿はビタミンCが豊富で、いちごよりも多いのだとか。カロテンも豊富なので、美容によく、風邪の予防やストレスの緩和にもいいそう。また、柿渋タンニンは血圧を下げるので、高血圧気味の人は要チェック。アルコールを分解する働きもあるので、二日酔いにいいともいわれています。

 西東社編集部による「会話に困らない! 使える『雑談力』1500」(西東社刊)によれば、柿にはブドウの5倍ものポリフェノールが含まれているとか。ポリフェノールといえば、抗酸化作用があるといわれている成分です。カリウムも豊富なので、むくみに悩む場合にもオススメですよ。ちなみに、柿の葉にはレモンの10~20倍ものビタミンCが含まれているそうなので、柿の葉茶にして飲んでみてもいいかも。

 今が旬の柿。ぜひ毎日の生活に取り入れてみましょう。

関連リンク

  • 11/15 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます