“CanCam史上最多”専属モデル全員表紙で創刊40周年祝う TWICE、King & Princeらメッセージも

【モデルプレス=2021/11/15】11月22日の『CanCam』1月号では、創刊40周年アニバーサリー号として専属モデルが全員で表紙を飾る。

◆史上最多「CanCam」専属モデル全員表紙 豪華メッセージも

40年分の感謝を込めて、表紙に中条あやみ、トラウデン直美、山下美月(乃木坂46)、生見愛瑠ほか専属モデルが集結。CanCam史上最多の現役モデル13名の全員表紙で40周年を祝う。

1982年の創刊以来、ニッポンの“かわいい”を届けてきた『CanCam』。歴代専属モデルには、現在女優やタレントとして活躍している人も多く、主な名前を挙げただけでも米倉涼子、長谷川京子、山田優、押切もえ、蛯原友里、西山茉希、森星、池田エライザ、山本美月、堀田茜…ら錚々たるメンバーが並ぶ。

1月号では、そんなOGモデルからのお祝いコメントも掲載。歴代最多となる40回の表紙を飾った蛯原友里(2004~2008年)からは、「一緒にあの時代を過ごせたことは、私の人生にとって誇らしく、最高の瞬間でした。これからも女性の夢やあこがれのあふれる、皆さんと一緒に歩んでいける雑誌として愛され、輝き続けてください!ずっと応援しています(ハートマーク)」と、うれしいコメントが。

ほかにも、AAAの宇野実彩子やTWICE、中島健人(Sexy Zone)、King & Prince、SixTONESなど、表紙を飾った多くのゲストからのお祝いコメントを掲載。撮影時の思い出や秘話も併せて語っている。

◆40周年を記念、モデルズ内にユニット結成?

特集は、現役モデルの魅力に迫る34ページ企画。かわいくて努力家でおもしろい、個性豊かな13がそれぞれ好きなモノや趣味、年齢などの共通点でスペシャルユニットを結成。

楓、小室安未、佐々木莉佳子(アンジュルム)による韓国カルチャー愛が止まらない「LOVE KOREA」ユニットでは、3人がK-POP風ポージングで盛り上がったり、韓国風プリクラ「人生4カット」を撮ったり、推しトークやグルメトークをしたりと、妄想韓国トリップ。

ほかにも、恋人同士? と思うほどララブラブなコンビ、中条あやみと宮本茉由の「#まゆぽー」や、まい、菜波、ほのかの女子高出身3人組がパジャマパーティーで弾ける「女子高シスターズ」など、いつもの誌面では分からなかったモデル同士の意外な関係も明かされる。

◆YouTube 生配信イベントも開催

さらに、40周年企画では、誌面を飛び出しYouTubeライブ生配信イベントも開催。モデル13名全員が出演し、クイズや運動会などでアニバーサリーを盛り上げる『CanCam 40th Birthday Night』は、11月26日(金)19時~配信予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/15 10:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます