台湾のヘルシーフードで自分をケア!養生スープ&BAO専門店が大阪にオープン


台湾発、漢方のライフスタイルブランド「DAYLILY」を展開するDAYLILY JAPANは、全国初となる養生スープ&BAO専門店「DAYLILY KAMPO STAND(デイリリーカンポウスタンド)」を、大阪・「心斎橋PARCO」の医療ウェルネスモール「Welpa(ウェルパ)」にて、11月19日(金)にオープンする。

台湾の屋台から着想

台湾には漢方を薬としてだけでなく、毎日の食事からもとり入れ、漢方素材を使ったスープやヘルシーフードを食べられる屋台が街中の至るところにある。漢方のヘルシーフードは、日々の健康を支える台湾人にとって欠かせない存在とのこと。

「自分をケアするための場所」に


台湾にある屋台や夜市のように気軽で美味しくヘルシーな店を日本にもつくりたいという同社の思いから「DAYLILY KAMPO STAND」が誕生。「自分をケアするための場所」の一環として、台湾のヘルシーフードやドリンクを楽しんでもらいたいという考えだ。

漢方素材を使った「台漢養生スープ」


「DAYLILY KAMPO STAND」では、2種類の養生スープを用意している。

塩味をベースにした「四神湯」

1つめは「台漢養生スープ 四神湯風」650円(税込)。

台湾名物スープのひとつ「四神湯(スーセンタン)は、塩味をベースに和漢素材“鬼蓮の実(オニバスのミ)”“ハトムギ”“蓮子(レンシ)”などがゴロゴロ入った、身体に沁みるあっさりとした養生スープ。食べ過ぎたときや、飲み過ぎた時にもよさそうだ。

少しピリ辛な「牛肉麺風」スープ

2つめは「台漢養生スープ 牛肉麺風」650円(税込)。台湾で大人気の「牛肉麺(ニョーローメン)」のスープを和漢素材たっぷりでつくったもの。醤油や豆板醤をベースに、“牛スジ”“丁香(チョウコウ)”“八角(ハッカク)”などをコトコト煮込んだ、少しピリ辛な養生スープ。一日中、元気でいたい人におすすめしたい。

3種類の台湾風ハンバーガー「BAO」


また、もう1つの看板メニューである「BAO」は、もちもちふわふわのバンズに豚肉やピーナツ粉などを挟んだ台湾式ハンバーガー「刈包(グアパオ)」に由来するもの。同店では肉・魚・卵・乳製品不使用の3種類の「ヴィーガンBAO」を提供している。

お麩を甘塩っぱく煮て、本物の角煮のような味と食感にした「ヴィーガンBAO 台湾角煮風」520円(税込)は、ザクザクのピーナッツ粉がアクセントで、一口食べれば台湾の味に。

大豆ミートに香辛料や椎茸などを加えたジューシーで旨味溢れるハンバーグ「ヴィーガンBAO ハンバーガー風」520円(税込)は、からし豆乳マヨネーズとシャキシャキ野菜と一緒に食べたい。ほか、「ヴィーガンBAO タロイモクリーム」520円(税込)を用意している。

また、「DAYLILY」の店舗やオンラインストアで販売中の、漢方薬剤師監修の食べるお茶「EATBEAU-TEA」や「杏仁茶」なども、店内およびテイクアウトで提供する。

健康志向の女性なら要チェック! 台湾のヘルシーフードやドリンクを楽しんで。

DAYLILY KAMPO STAND 心斎橋PARCO店
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋PARCO 10F

画像をもっと見る

  • 11/15 10:10
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます