【東京スポーツ杯2歳S見どころ】2歳戦屈指の出世レースにイクイノックスら素質馬が集う

拡大画像を見る

 今年からGIIに昇格した出世レース。キタサンブラック産駒イクイノックスら素質馬が集まった。制してGIへ歩を進めるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/20(土) 東京スポーツ杯2歳S(2歳・GII・東京芝1800m)

 イクイノックス(牡2、美浦・木村哲也厩舎)は今年のラジオNIKKEI賞を勝ったヴァイスメテオールの半弟にあたるキタサンブラック産駒で、8月に新潟芝1800mの新馬戦を6馬身差で圧勝して素質の片りんを見せた。試金石となるここも勝利し、連勝でGIへ向かえるか注目したい。鞍上はC.ルメール騎手。

 レッドベルアーム(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)は6月に阪神芝1800mでデビュー勝ちしたハーツクライ産駒。今回は約5か月ぶりとなるが、調教の動きが抜群で仕上がりは良さそう。 レッドベルジュール、レッドベルオーブに続いて兄弟3代連続の重賞勝利なるか。鞍上は福永祐一騎手。

 アルナシーム(牡2、栗東・橋口慎介厩舎)はアルアインやシャフリヤールの甥にあたるモーリス産駒。函館芝1800mの新馬戦でデビューし、余裕の手応えのまま直線で他を突き放して完勝を飾った。ここに向けた調整でも抜群の動きを見せており、デビュー2連勝の期待は十分。鞍上は武豊騎手。

 その他、未勝利を完勝した良血ダンテスヴュー(牡2、栗東・友道康夫厩舎)、アイビーS(L)で2着だったグランシエロ(牡2、美浦・武井亮厩舎)、重賞3勝馬カデナの半弟テンダンス(牡2、栗東・中竹和也厩舎)、札幌2歳Sで3着だったトーセンヴァンノ(牡2、美浦・小桧山悟厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時30分。

関連リンク

  • 11/15 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます