「超美肌県」出身!綾瀬はるか『義母と娘のブルース』SP出演で「星野源と新垣結衣」をなぞる「最後の砦」婚の可能性

拡大画像を見る

 11月11日、大手化粧品メーカーの『ポーラ』が毎年恒例の「美肌県グランプリ2021」を発表。総合賞1位となったのは、2年連続で石川県となった。そのほか、昨年新設した14の部門賞が発表されたが、「ニキビレス部門」で1位となったのは広島県。まさに「美肌」が武器である女優の綾瀬はるか(36)の出身地であることから注目を集めている。ちなみに同県の総評は、

《全体的にスコアが良く、中でも「ニキビリスク」の低さと「水分」は全国トップ3に入る広島県。
保湿ケアは継続し、季節や室内外を問わず徹底した紫外線ケアを。就寝前はPC・スマホの使用を控えて、適度な運動を行い、さらに美肌を磨きましょう。》

 ということだった。

「綾瀬といえば、女優でも屈指の美肌の持ち主で、15年にスキンケアブランド『SK=Ⅱ』のPRイベントに出席した際は“肌年齢マイナス10歳”を記録しているほか、今年10月10日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でも和田アキ子(71)が“メークさんたちとかに聞いても『肌が芸能界一きれいじゃないか』って。らしいですよ”と話していました。

 その美貌で『パンテーン』やSK=Ⅱなど、美容系のCMにも多く出演していることで有名です」(美容メーカー関係者)

 14年に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、業界で働くヘアメイク200人を対象に「芸能界イチ肌がキレイなのは綾瀬はるか説」を調査した際も、2位の藤原紀香(50)が23票だったのに対し、綾瀬は40票で圧勝。

「きっとすごく忙しいはず。それを感じさせない肌の潤いがすごい」

「“ハッ”て思いました。もう忘れられない」

「赤ちゃんみたいだし、透明感が本当にすごい」

「レンズを通して見たときの、肌の仕上がりが全然違う」

「透明感とつるつるな感じが。照明だけじゃない」

「いつもナチュラルメイクなのに毛穴とかまったく見えない! 真っ白できれいな素肌と感じた」

「肌がプルプルでキレイすぎた」

「潤っているのにさらっとしたキメの細かさ。もちもちした質感が素敵すぎます」

 と、綾瀬と仕事をしたメイクさんたちから大絶賛だった。

 同じ事務所の後輩・小島瑠璃子(27)いわく「綾瀬さんだけはどんな過密スケジュールでも肌が荒れない」は、事務所でも有名な話だそうだ。

■新春SPドラマが制作順調!

「そんな綾瀬ですが、18年に夫役に竹野内豊(50)、綾瀬に片思いする男性に佐藤健(32)、義理の娘役に上白石萌歌(21)ら豪華キャストが出演した主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の2022年新春SPが撮影中だと11月25日号の『女性セブン』(小学館)が報じました。昨年にも新春SPが放送されているだけに、いかに人気が根強いかが分かります。

 ちなみに、本作は義母ではありますが、綾瀬が初めて“母親”を演じた作品でもあります。当時は“綾瀬の新境地”と言われていましたが、胸中は複雑かもしれませんね」(女性誌記者)

 テレビ業界には、「35歳女優限界説」というのがある。20代のように純粋なラブストーリーは演じられない、かといって母親役は演じられない。独身の清純派女優が必ずぶち当たる壁とされている「35歳」だが、ここ最近は綾瀬の周囲の同世代女優が次々と結婚していた。

「昨年8月には山本美月(30)が瀬戸康史(33)、10月には石原さとみ(34)が同世代の一般男性、12月には戸田恵梨香(33)と松坂桃李(33)がそれぞれゴールイン。さらに今年5月19日に“最後の砦”“まだ俺にはガッキーがいる”と女優の結婚報道のたびに名前が挙がっていた新垣結衣(33)も、星野源(40)と“逃げ恥婚”しましたね」(前同)

 綾瀬にも結婚願望はあり、今年3月16日の『週刊女性』(主婦と生活社)で映画『奥様は、取り扱い注意』記念インタビューをした際は、「私自身、家族をつくりたいなっていう気持ちが徐々に出てきています」と、理想の家庭についても詳しく話していた。

 しかし、昨年7月2日発売の『女性セブン』(小学館)が韓流俳優のノ・ミヌ(34)との熱愛を報じた以外は、目立った恋愛スキャンダルも皆無で、ノ・ミヌとの交際も後日明確に否定。完全にフリーな状態とされている。

■《最後の砦》同士の奇跡の共演

「ガッキーが結婚したことで《俺達にはまだ綾瀬はるかがいる!》と“最後の砦”の座は綾瀬に移りましたが、本人はどう思っているのか……。今回共演する竹野内も、独身大物俳優“最後の砦”と言われていますから、お互いに通じ合うものがあるかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 今年10月30日に、俳優の佐々木蔵之介(53)が一般女性と結婚したことで、独身男性俳優《最後の砦》の座は、竹野内に継承されたといっていい。14年に西島秀俊(50)が結婚した際に佐々木に称号が移り、佐々木結婚後に西島に移行するという、ガッキーから綾瀬、という流れに近い現象が起きていた。

「竹野内の場合は14年に倉科カナ(33)との交際が報じられ、事務所公認だったこともあり、いずれ結婚するものと考えられていましたが、18年に破局。以降、フリーだと言われています。

 同じTBS火曜ドラマの『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した星野とガッキーは、16年の連ドラではなく、今年1月放送のSPドラマが交際・結婚のキッカケだったといいます。最後の砦同士もしかして……ということもあるかもしれません(笑)」(前同)

 バツグンの美肌を誇る綾瀬。11月12日に発表された『第13回男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』(オリコン調べ)で2年連続1位を記録した竹野内。この2人なら、だれもが納得するかも!?

関連リンク

  • 11/15 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます