フジ・生田竜聖アナ、兄・斗真へ初インタビュー「やっぱりお兄ちゃんはすごかった」

拡大画像を見る

 フジテレビの生田竜聖アナウンサーが15日、同局「めざましテレビ」で、初となる兄・生田斗真へのインタビューを行った。

 竜聖アナは「一流に学ぼう」というコーナーで「身内ですみません。兄弟対談をお送りします。兄への初インタビュー。やっぱりお兄ちゃんはすごかった」と切り出した。

 斗真が主演する映画「土竜の唄」の撮影現場に竜聖アナが潜入。「家で喋ってる斗真そのまま。よそいきみたいなのがない。社交性の高さはどこで身につけたの?おにいちゃんがうらやましい」と本音をもらすと、斗真は「兄は明るくて自分はそうでもないと思ってるかもしれないが、そうでもないよ」とサラリと言ってのけた。

 また歌手デビューせず役者一本でやっていこうと決めたことには、先輩の佐藤アツヒロからの「(ジャニーズでは)役者だけやって成功した人いないから。斗真ならやれるよ」と言われたことがきっかけだったことも吐露。撮影現場で一番最初にすることは「スタッフの方の名前を覚える」「チームとして一体感が生まれるから」と語った。

 兄との対談に、竜聖アナは「本当に人生で一番緊張した。どの相手より緊張した」と振り返っていた。

関連リンク

  • 11/15 8:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます