松村沙友理、“パパ活女子”役に葛藤 乃木坂46卒業後の変化・新たに気づいたこととは?<「ずっと独身でいるつもり?」インタビュー>

【モデルプレス=2021/11/15】7月に乃木坂46を卒業し、モデルや女優として活躍する松村沙友理(まつむら・さゆり/29)が、11月19日公開の映画『ずっと独身でいるつもり?』に出演する。女性の様々な葛藤や生きづらさをテーマとした今作でパパ活女子・鈴木美穂を演じた松村に、新たな挑戦で感じた難しさや乃木坂46卒業後の変化、理想の女性像などを聞いた。

◆松村沙友理「パパ活女子」役に苦戦

― 今作は主演を務める田中みな実さんを始めとした4人の女性の人生が描かれています。個人の撮影が多かったとお聞きしましたが、完成した作品を観ていかがでしたか?

松村:台本で全体像を知ってはいたのですが、客観的に完成した映像を観て、改めて良い作品だなと思いました。それぞれの女性が葛藤する模様が本当にリアルだったので、私自身の心にもすごく刺さりました。

― 松村さんが演じた美穂は「パパ活女子」という難しい役どころだったと思いますが、演じる上で苦労した部分はありましたか?

松村:オファーをいただいたときは、美穂をコミカルでわかりやすい感じに演じた方が良いのかなと思っていたのですが、ふくだももこ監督から「パパ活をやっている面白い女の子」ではなく、たまたま生きる上でやっていることがパパ活であっただけの「リアルな美穂」を演じて欲しいと言われて…自分にこんな難しい役が務まるのかと、悩んだ時期もありました。

最初の「本読み」のときも、演じ方がわからずパニックになってしまったのですが、田中みな実さんがボロボロの私を受け止めて「一緒に考えよう」と言ってくださって…。共演するシーンが少ない私の演技まで真剣に考えてくれたことが本当に嬉しかったし、あのときの的確なアドバイスがあったからこそ美穂をリアルに演じることができたのかなと思います。

― 松村さん自身の意識が大きく変わったのですね。

松村:そうですね。美穂は原作にはないキャラクターでもあるので、設定にとらわれすぎず、映画では描ききれない過去や私生活を想像しながら演じることで、葛藤を乗り越えることができました。

◆松村沙友理「結婚は幸せになるための選択肢にすぎない」価値観の変化語る

― 今作では女性の多様な生き方や幸せが描かれていますが、作品を通してご自身の価値観に変化はありましたか?

松村:私はこれまで「女性はある程度の年齢で結婚した方が幸せなのかも」という価値観を勝手に抱いていたのですが、作品を通して女性にも色々な生き方があるんだと思えるようになりました。

結婚はあくまで「幸せになるための1つの選択肢にすぎない」と考えることで、生きやすくなるのかなと今は考えています。

― とても素敵な考え方ですね。現在、松村さんはどんなときに幸せを感じますか?

松村:最近は、自分が出演した作品や番組の感想を言ってもらえるときに幸せを感じます!アイドル時代は握手会で直接想いを伝えてもらえたり、ファンレターで感想を言っていただけたりする機会が多かったのですが、卒業後はそれが全くなくなってしまったので、現場でスタッフさんなどに一言「あの作品良かったよ」と言ってもらえるだけでも、すごく嬉しいんです。

― アイドルを卒業してから変化したこともあるのですね。

松村:そうですね。乃木坂46のときは「ほかのメンバーとあまり比べないようにしよう」という考えで活動していたので、卒業してから自分の足りない部分に気が付き始めたことも大きいのかなと思います。

意外と負けず嫌いな性格だったことにも気づいて、「演技ができない自分が嫌だ!」と思う機会も増えたので、これからもっともっと成長していきたいという欲でいっぱいです!

― 今作には「さみしくてしんどい夜に、生き抜くための<賛歌>」というテーマもありますが、松村さんは辛いことがあった夜をどのように乗り越えていますか?

松村:落ち込んだときはすぐに寝てしまうことが多いのですが、眠れないくらいしんどい夜にはアニメ『ラブライブ!』を観てモチベーションを保っています!アイドル時代は前向きなアイドルの姿を見て「自分も頑張ろう」と励まされていたのですが、『ラブライブ!』にはソロ活動を頑張るシーズンもあるので、卒業した今でも登場人物と自分を重ねて刺激を受けているんです。

「1人だけど1人じゃない」ということを教えてくれる作品なので、さみしい気持ちを払拭させてくれるし、すごく感謝しています!

◆松村沙友理、理想の30代は?

― 2021年新たなスタートをきった松村さんですが、これから挑戦してみたい役はありますか?

松村:コメディ作品に挑戦してみたいです!「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)のような、ゴリゴリの世界観の中で進んでいくストーリーだったり、キャラクターの格好をしたり…ちょっと変わった役や面白い役も演じてみたいなと思っています。

― まさに新境地ですね!30代に向けて、理想の女性像はありますか?

松村:様々な物事について語れる女性になりたいです。今作主演の田中さんは1つ1つの知識が深いからこそ、皆が使っている化粧品やスキンケア用品を真似したくなるのだと思うので、私も30代になって「このお茶はどこ産で、こんな効果があるのよ」と知識を伝えられるような人に憧れています。

最近は大好きなアニメや漫画のほかに小説や専門書も読み始めるなど、教養を身につけるために少しずつ行動しているので、これからも知識のある素敵な女性になるための努力を続けていきたいです!

― 応援しています!ありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆松村沙友理インタビューこぼれ話

<こぼれ話1/最近ハマっているアニメは?>

「見える子ちゃん」というアニメにハマっています!主人公が突然“見える”ようになってしまうというストーリーでホラー要素も満載なのですが、めちゃくちゃ面白くて、怖がりながらもつい観てしまいます(笑)。

<こぼれ話2/最近の美容法は?>

健康を意識して毎朝納豆を食べているのですが、夜食べた方が体に良いと聞いたので、最近は朝晩の2回食べることを目標にしています!あとは、女性は鉄分が不足しがちということで、意識的にサプリを飲むようにもなりました。

スキンケアなどはまだまだ勉強中なので、美のカリスマ・田中みな実さんにたくさん教えてもらいたいです(笑)!

◆田中みな実主演『ずっと独身でいるつもり?』

本作は、現代を生き抜く女性の抱える不安、寂しさ、希望をていねいに描いたおかざき真里の漫画『ずっと独身でいるつもり?』が原作。10年前に執筆した“女性の人生における幸せの価値を赤裸々に描いたエッセイ”が異例のヒットとなり、田中演じる一躍有名作家となった本田まみが、“自分にとっての幸せの形”を見つけだす姿を描いている。

田中のほか、周囲からの目や元彼の存在に振り回される由紀乃役に市川実和子、ギャラ飲みやパパ活など華やかな世界に生きるも、若さを失うことに怯える美穂役に松村、結婚し子供にも恵まれ丁寧な暮らし系インスタグラマーとしてもてはやされるも、自分らしさを失っている生活に悩む彩佳役に徳永えりらが出演する。

◆松村沙友理(まつむら・さゆり)プロフィール

生年月日:1992年8月27日/出身:大阪府/血液型:B型/星座:おとめ座/身長:164cm

2011年にデビューした乃木坂46の1期生。「まっちゅん」「さゆりんご」の愛称で人気を集め、グループの選抜メンバーとして活躍。2015年にはファッション誌『CanCam』の専属モデルに抜てきされた。

2021年7月にグループを卒業後、TBS系ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演。動画配信サービス「Paravi」オリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」では主演を務めるなど、女優として幅広く活躍している。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/15 8:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます