小川彩佳は爆笑問題・太田光「離婚イジリ&失言炎上」の絡まれ損!?リニューアル不発TBS『news23』は元カレ櫻井翔の日テレ『news zero』に「3分の1」ボコボコ惨敗の日々!

拡大画像を見る

 爆笑問題の太田光(56)の“炎上”は大いに燃え盛った。

 10月31日の衆院選の選挙特番『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』(TBS系)に生出演した太田は、小選挙区で落選した自民党幹事長(当時)の甘利明氏(72)に「ご愁傷様」などと言いたい放題で、ネットには批判が殺到。

 11月7日放送の『サンデージャポン』(TBS系)に出演した太田は「たしかに無礼ですね。品がないとか、いろいろ言われました」「それはもう俺の軽口が、あの場にそぐわないと。まあたしかに、茶化しちゃったからね」と振り返った。

「選挙特番に先駆けて太田さんは、小川彩佳さん(36)がMCを務める『news23』(TBS系)に出演したり、小川さんが『サンデージャポン』にゲスト出演したりと、積極的に番宣を行なっていました。

 しかし、『選挙の日2021』の世帯視聴率は6.2%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)とNHK、民放含めて最下位となり、“太田光自滅”と報じるメディアもありました。同じく、『news23』の視聴率も振るわないんですよね……」(制作会社関係者)

■元彼・櫻井翔の『news zero』に大惨敗

 小川がMCに就任する以前から視聴率が低迷していた『news23』は、8月30日から秋の改編期に先駆けて大リニューアルを敢行。

 この日の放送からTBSの国山ハセンアナウンサー(30)が新加入したほか、それまでスタジオからニュースを伝えてきた山本恵里伽アナ(28)はフィールドキャスターに転身。

 8月24日には番組のTikTokアカウントも開設し、若者に訴求する番組作りに努めている。

「しかし、リニューアルは奏功しているとは言い難い。同時間帯の『news zero』(日本テレビ系)の11月8日の世帯視聴率は9.1%、個人視聴率は4.9%でしたが、『news23』は世帯3.7%、個人1.8%でしたからね」(前出の制作会社関係者)

 11月8日、月曜日の『news zero』には、“月曜キャスター”で、小川の元彼である嵐の櫻井翔(39)が出演していた。

「『news zero』は世帯8~9%を推移、一方の『news23』は3~4%台をうろうろしている。日によりますが、『news23』はトリプルスコアで『news zero』に惨敗しているんです。

 また、テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率でも『news zero』は3%台ですが、『news23』は1%台ですから、コアでもトリプルスコアなんです。やはり、特に櫻井さんが出る月曜日は良いようで、彼の人気を証明している。櫻井さんは、『news zero』の好調の一因になっていると言えるでしょうね」(前同)

■小川彩佳は『news23』のために「NGなし」!

『news23』は大幅リニューアルを行なっても、メインターゲットにしたい若者はついてきていないようだ。

 MCの小川も『news23』の視聴率向上のため“NGなし”で仕事に取り組んでいる。

 爆笑問題・太田との共演も増えており、10月17日の『サンデージャポン』(TBS系)にゲスト出演した際には、太田から「いろいろと地獄を見た女ですからね」と、元夫の不倫騒動から今年7月に離婚を発表したことをイジられる場面もあった。

「太田さんは小川さんと一緒になると、必ず離婚や元夫の不倫をイジりますからね。それでも『news23』の視聴率は向上しない。小川さんと太田さんの共演は“劇薬”とも言われていますが、小川さんにしてみたら、現状は、大炎上と不倫イジリの“絡まれ損”とも言えるかもしれません」(前出の制作会社関係者)

“NGなし”の小川の奮闘で、『news23』は若者視聴者を増やすことができるのだろうか!?

関連リンク

  • 11/15 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます