Pカップの胸に悩まされていた女性、寄付を募り縮小手術を受ける(英)

拡大画像を見る

英タイン・アンド・ウィアのセグヒルで暮らすローラ・ハウズさん(Laura Howes、28)は10月21日、長年の悩みだった巨大なバストを縮小する手術を受けた。その結果、36P(P85)だったバストサイズが36E(E85)になったという。

ローラさんは手術に至るまでの経緯をこのように明かしている。

「バストが大きすぎるせいで長年、ひどい腰痛や坐骨神経痛に悩まされていました。それに実際のカップより5サイズ小さいKカップのブラジャーをずっとつけていたせいで肩がへこんでいます。私のサイズのブラジャーをオーダーメイドすると350ポンド(約53000円)もかかりますから。他にも胸がぶつかって傷ができたり、嚢胞や発疹などが常にできていて。生活に支障があったため、国民保険サービス(NHS)にバスト縮小手術の資金援助を申し出ました。しかし体重が22ストーン(約140キロ)でBMI値が27を超えていた私は肥満と判断され、手術を拒否されてしまったのです。」

ローラさんは体重を落とすため、栄養士やトレーナーと協力して2019年から2年かけて7ストーン(約44キロ)減量する計画を立てたが、トレーニングしようとするとバストが痛み、さらにはパンデミックの影響でジムを利用することができなくなったため中断することとなった。

途方に暮れていたローラさんは別の医師に相談したところ、その医師はローラさんが減量目標を達成することは物理的に不可能と断定し、NHSに証明するための書類を用意してくれた。それにもかかわらず手術の申請は再度却下されてしまったという。

その結果にショックを受けたローラさんだったが「痛みに耐えながら生きるのではなく、人生を精一杯生きよう」と手術を受けることを決意し、今年の5月20日にクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で手術費用を募った。

そして8000ポンド(約122万2000円)を超える寄付金を集め、10月21日に手術の日を迎えることができた。

ローラさんはその喜びをこう語っている。

「PカップだったバストがEカップになって、胸だけで1.5ストーン(約9.5キロ)も軽くなったんですよ。立ったり座ったりするのが楽で腰痛も改善されたし、シャワーを浴びる時も胸が邪魔になりません。座った時に膝の上に胸が乗ることもなくなったし、軽いジョギングもできるようになったんです。これで50ポンド(約7600円)もするKカップのブラをつける必要がなくなりました。男性用のXLサイズの服ではなく、可愛い服やレースのついたブラを買うことができるんです!」

「この手術を受けたことは私にとって最高の決断で、人生を変えることになりました。手術を担当した外科医からは『今まで見た中で一番大きなバスト』と言われましたが、『あなたは肥満ではなく、ただバストが大きいだけです』と言われて自分が認められたような気がしました。手術を受ける前の私はとても惨めで、できないことや見た目のことでいつも自分を責めていました。今ではようやく自分らしい普通の生活ができるようになりました。これからの人生がどんなものになるか楽しみです。」

「募金目標額に達した時はとても感激しましたし、寄付をする余裕がない人から『何もできないけど幸運を祈っています』とメッセージが届きました。ネット上では意地悪な人の話をよく目にしますが、すべての人がそうではありません。人々は本当に親切です。協力してくれたみなさん、応援してくれたみなさんには心から感謝しています。」

画像は『The Mirror 2021年11月8日付「Woman with 4st breasts forced to fund reduction surgery after NHS ‘rejected’ her」(Image: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 11/15 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます