「発音」「流暢さ」の向上に特化したオンライン英語コーチングプログラムが登場


オンライン英語コーチング事業を展開するThe Pastは、「発音」「流暢さ」の向上に特化した3ヶ月のオンライン英語コーチングプログラム「VERSANT対策プログラム」を発売した。

VERSANT対策プログラム


日経新聞社の公開する「TOEIC900点台のVERSANTスコアレポート」によると、TOEIC900点台のVERSANT Speaking Test平均点は「53.8点」、TOEIC満点者の平均点は「61.1点」。傾向として、「語彙」「文章構文」はネイティブレベルでも、「発音」「流暢さ」が弱点の受験者が多いことが分かっている。


日本語の母音5個に対し、英語の母音は16個。日本語にない音を正しく聞き分け、正しい発音を身につけるのは、ハードルが高く膨大な時間がかかる。


また、私たちが、日本語の発音ルール(高低アクセント、モーラ泊リズムなど)を知らないのと同じように、英語ネイティブも英語の発音知識を有していない。ネイティブでも、体系立てて教えるには、発音記号や音声学の知識が必要だ。

これらの課題を短期間で解決するために、「VERSANT対策プログラム」が開発された。

外国人によるトレーニング×日本人によるコーチング


「VERSANT対策プログラム」では、VERSANT満点の外国人講師によるパート別対策トレーニングと、日本人カウンセラーによる実践的なVERSANTテクニックのレクチャーを採用。

プログラムは、初回と最終週で「VERSANT試験」を行い、カリキュラム作成の指標と成長を可視化。次のフェーズに移行するタイミングで「コーチング・セッション(計5回)」を行い、日本人カウンセラーが英語学習をリードする。

VERSANT満点の外国人講師による、1回50分の濃密な「英語トレーニング」は、期間中に計36回、1,800分。潤沢なスピーキング練習が、スコアを高めることにつながる。

プログラムのポイント


同プログラムでは、初回の発音テストで確認した苦手な音から順に進め、英語のリズムに特化して発音を集中的に学ぶ。また、単語のかたまりを並べ替えるPart D、短い英語の物語をリテリングするPart Eなどパート毎の対策がつまっている。

さらに、全てのレッスンは自動録画。復習時の振り返りにも使えるほか、日本人カウンセラーは映像を見てからカウンセリングをするので、より具体的なアドバイスを受けることができる。

リーズナブルな価格設定

プログラム費用は、入学金27,500円(税込)、プログラム費用191,400円(税込)と、リーズナブルな設定。これ以外に、VERSANT受験費用2回分11,000円(税込)と、教材費用5,000円(概算)が発生する。

またThe Pastでは、ヒアリング10分、英語試験20分、課題分析・フィードバック10分、The Pastの説明10分の、英語試験をかねた無料カウンセリングも実施しているので、こちらもチェックしてみよう。

VERSANT対策プログラム 公式サイト:https://versant.thepast.jp/

画像をもっと見る

  • 11/13 4:34
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます