吉沢亮「青天を衝け」草なぎ剛との共演で刺激「すごく心揺さぶられる」クランクアップ後に購入したものは?

【モデルプレス=2021/11/14】俳優の吉沢亮が14日、主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜/NHK総合後8:00~、BSプレミアム・BS4K後6:00~)の「いよいよ舞台は飛鳥山へ!青天トークショー in 北区」に出席。共演の草なぎ剛から受けた刺激について語った。

◆吉沢亮、クランクアップ後に購入したものとは

実業家・渋沢栄一の生涯を描いている同作。クランクアップを迎えている吉沢は、胸中を聞かれると「あんまりまだ実感ないですね。というか、スケジュール的にはすごくこの数日間のんびりさせていただいていたんです」と報告。

また「ずっと栄一のことを考えていたりとか、台本と向き合っている時間、それが抜ける瞬間が1ミリもないままやり続けて、いきなりすぱっと終わったから、何も考えなくていい状況がすごく気持ち悪いというか。どうしていいのかわからない」とも。

そして「使い方わからないのに、ノートパソコンとか買っちゃったりして」と明かし「何がしたかったのか自分でもわからないんですけど、何かしたくてしょうがなくて買ったんですけど、最初の設定の段階で今戸惑ってます」と白い歯を見せた。

◆吉沢亮、草なぎ剛との印象深いシーン

その後、徳川慶喜役を務めた草なぎとの共演に話が及ぶと「最後の慶喜とのシーンはちょっと印象深いです。まだ放送されていないので、詳しくは言わないんですけど(笑)。あそこはすごくいいなあと思っています」としみじみ。

そのシーンは、第40回・12月19日に放送されるとのこと。どんなシーンだったのか聞かれた吉沢は「やり取りはものすごくシンプルなんですけど、この作品のテーマを語ったシーンだなっていう気がしていて」と紹介した。

さらに「やっぱりどれだけかっこ悪くても、泥臭くても『最後まで生きるんだ!』っていうエネルギーみたいなものを話したシーンなのかなって、勝手に僕は思っていて。だからすごく印象深いし、また草なぎさんのお芝居が素晴らしかったので、僕はあそこが印象深いですね。だからどんな感じになっているのかすごく楽しみです」と続けた。

◆吉沢亮、草なぎ剛から刺激

その後、草なぎとの共演について改めて思いを聞かれた吉沢は「本当に素晴らしいですよ。なんて言うんですかね。対峙していて、役とご本人の境界線が全く見えないというか。やっぱりお芝居していて、どれだけ上手い方でも『ここの間をこう詰めるんだ』とか、役者のお芝居をする上での意図みたいなものが見える瞬間っていうのはあるんですけど、草なぎさんにはそれが全くないんですよ」と俳優としての特徴に言及。

続けて「草なぎさん自身が何を考えているかが全くわからないから、一緒にお芝居していていい意味ですごく不安にもなるし、すごく心揺さぶられるんですよね。ただただ慶喜としてその場にいるだけ、みたいな感じが。いい意味で緊張感が生まれて。この緊張感は大事にしたいなと思いながら、最後まで僕はやっていました」と共演を通じて刺激を受けた様子だった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/14 18:26
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます