吉田麻也、“相棒”冨安健洋の進化に期待…自身のさらなる成長にも意欲「今も毎日上手くなりたい」

拡大画像を見る

 日本代表DF吉田麻也(サンプドリア/イタリア)が、14日にオンラインでのメディア対応を行った。

 11日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第5節ベトナム戦で勝利し、3勝2敗とした日本代表。9月・10月のシリーズでは1試合目に負けてから2試合目に臨む流れが続いていただけに、「もちろん負けた後よりは全然いい」と吉田は語る。16日に控える第6節オマーン戦に向けて、「オマーンのホテルも気候も思ってたより厳しくないので、移動してからは比較的落ち着いて生活できています。試合と試合の間隔が空いているので、休息も十分取れた。いい状態で来ていると思います」とコンディション面が整っていることを明かし、同試合に向けての意気込みを次のように示した。

「まずはやっぱり後半戦を迎えるにあたって、こういう状況に導いてしまったのは自分たち。引き続き、巻き返していく段階。連勝していますけど、ここで気を緩めることなく突き進んでいかないといけない。前半戦で十分わかっていると思うが、簡単な試合は一個もない。最下位だったベトナム戦であっても、環境だったりコンディションの部分も左右しましたけど、非常に難しいギリギリの戦いでした」

「一回やっていて(相手のことを)把握しているのはオマーンも同じで、いろんな対策を持ってくる。いろんな準備をして試合に臨まなければいけないです。ここで勝てればオマーンを引き離せるし、上にもプレッシャーを与えられる。ベトナム戦に満足せず、次の試合もしっかり勝ち点3を積み上げられればと思います」

 10月に元日本代表DF中澤佑二氏のキャップ数110を超え、ベトナム戦で112キャップに到達した吉田。「100試合を超えたとき、センターバクなんで、次は中澤さん、その後に井原(正巳)さん(※122キャップ)を超えていきたいなと思っていた」と33歳は語りつつ、「数字にあまりこだわらず、もっともっとよりいい選手になっていきたい」ともした。

「個人的には今も毎日上手くなりたいなと思っているし、昨日よりもいい選手になりたい。その情熱がある限り成長していけると思っているので、そういうメンタリティ・心の持ち方は非常に大事だと思っている。歳も歳になってきたので、やっぱり1試合で評価がガラッと変わる。1試合悪かったら、どうしても年齢で評価される歳になってきている。長友(佑都)選手、大迫(勇也)選手とかも同じ気持ちかなと思いますけど、僕らはそれに対して見返してやりたいという気持ちが強い。次(オマーン戦)もそういう気持ちで挑もうと思っています。その先に井原さんが見えてくるので」

 また、吉田は日本代表でセンターバックのコンビを組むDF冨安健洋にも言及。アーセナル移籍後の冨安について次のように語り、同選手のさらなる進化に期待を寄せた。

「この2カ月、非常に充実した時期を過ごしていると思います。いろんな変化があるなかで、目まぐるしく日常が変わっていくなかで、いろんなものを吸収できている。順応しようとしていろんなものを取り込んでいる最中。そのなかで壁にぶつかっているとは思う。全然違うサッカーだし、スピードも強度も変わってくるし、大変だなとは感じていると思うんですけど、この壁を乗り越えていく面白さを毎日感じていると思います。一番難しいのは出続けること、ワンシーズン続いたらほんとにすごい。シーズンが終わってからは終わってからで、また次の壁が出てくる。今はとにかく目の前のことを全力でやっていって、一つ一つの壁を2段越えくらいで行って欲しいなとは思っています」

「試合の中での自信も日に日に増していると感じています。僕も(彼に)任せる部分が多くなっているし、(彼に)要求するものも高くなっているし、向こうからの要求も高くなっている。相手チームに『この2人を崩すのはよっぽど難しいな』と思われるような形を形成できればと思います」

関連リンク

  • 11/14 18:31
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます