マイ仙台、浦和に敗れ今季初黒星…I神戸は開幕8連勝で首位を独走/WE第9節

拡大画像を見る

 13日と14日にかけて、Yogibo WEリーグ第9節が各地で行われた。

 4位の三菱重工浦和レッズレディースと2位のマイナビ仙台レディースの上位対決は、ホームの浦和が17分までに2ゴールを挙げる。その後互いに1点ずつを奪い合い3-1でハーフタイムを迎えると、後半の45分間ではゴールは生まれず。結局3-1のまま試合は終了し、浦和はマイ仙台に今シーズン初黒星をつけた。

 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースとノジマステラ神奈川相模原の一戦は、前半の45分間をスコアレスで終える展開に。迎えた後半、ホームの千葉LはFW大澤春花とMF鴨川実歩のゴールでリードを奪い、2-0で勝利を収めた。

 開幕から唯一の全勝を誇る首位のINAC神戸レオネッサは、ホームにアルビレックス新潟を迎えての一戦。こちらもスコアレスで前半を折り返す展開も、I神戸は71分にMF成宮唯が先制点をゲット。結局試合は1-0で終了し、I神戸は開幕から無傷の8連勝で2位マイ仙台との勝ち点差を「9」にまで広げている。

 AC長野パルセイロ・レディースとサンフレッチェ広島レジーナの一戦は、S広島Rが52分にDF松原優菜が先制点を挙げて試合は終盤へ。そのまま0-1で終了かと思われた後半アディショナルタイム、AC長野はDF五嶋京香のゴールで追いつくと、その直後にはFW瀧澤千聖が決勝ゴール。ホームのAC長野が劇的な2ゴールで逆転勝利を収めた。

 大宮アルディージャVENTUSとちふれASエルフェン埼玉の“埼玉ダービー”は、スコアレスドローに終わっている。

 今節の試合結果と順位表、また第10節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
三菱重工浦和レッズレディース 3-1 マイナビ仙台レディース
大宮アルディージャVENTUS 0-0 ちふれASエルフェン埼玉
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2-0 ノジマステラ神奈川相模原
INAC神戸レオネッサ 1-0 アルビレックス新潟レディース
AC長野パルセイロ・レディース 2-1 サンフレッチェ広島レジーナ

WE ACTION DAY:日テレ・東京ヴェルディベレーザ

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差
1位 I神戸(24/+15)
2位 マイ仙台(15/+7)
3位 浦和(15/+6)
4位 千葉L(14/+1)
5位 東京NB(13/+7)
6位 AC長野(11/−2)
7位 大宮V(9/−6)
8位 S広島R(8/−4)
9位 N相模原(6/−5)
10位 新潟L(5/−8)
11位 EL埼玉(5/−11)

■第10節の対戦カード
▼11月20日(土)
13:00 N相模原 vs 新潟L
13:00 S広島R vs 千葉L
14:00 東京NB vs 大宮V
15:00 EL埼玉 vs 浦和
▼11月21日(日)
13:00 マイ仙台 vs I神戸

WE ACTION DAY:AC長野

関連リンク

  • 11/14 18:39
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます