ダイソーにパンダや猫、犬デザインの加湿器が登場!電源不要ですぐに使える

かわいい動物に癒やされる♪ダイソーの陶器タイプ加湿器

・商品名:加湿ポット(パンダ)
・価格:330円(税込)
・容量:約170ml

お尻をついてお座りしているポーズがかわいいパンダの加湿ポット。こちらは約170mlの容量がある大きいサイズで、価格は330円(税込)。高さは受け皿を入れて約12cmで、受け皿の大きさは約12.5×9cmでした。

・商品名:加湿ポット(ミニスコティッシュフォールド)
・価格:110円(税込)
・容量:約30ml

前足を合わせ、後ろ足を伸ばして寝そべっているポーズの方はミニサイズ。価格は110円(税込)です。高さは受け皿を入れて約5.5cmで、受け皿のサイズは約8×5.5cmでした。

耳が垂れたスコティッシュフォールドの猫ちゃんデザインがかわいいですね♪

後ろ姿はこんな感じ。大小それぞれパンダ、スコティッシュフォールド、ハスキーの3種の動物デザインが販売されており、好きな動物をチョイスできますよ!

LIMIA編集部
スタッフH
ダイソー加湿ポットのプチ情報
ちなみにこれまでは四足歩行スタイルと、仰向けに寝転がっているポーズがあった模様。猫と犬の種類も、三毛猫だったり柴犬だったりと年によって違う種類が販売されているようです。

ダイソーの加湿器『加湿ポット』の使い方は?

加湿器として使用する際は、頭の後ろの穴部分から、体の半分くらいを目安に水を入れます。徐々に陶器に水が染み込んでいきますよ。

しばらくすると陶器から自然に気化して、じんわりとうるおってきます。電源を確保する必要がないので置く場所さえあればどこでも使用でき、電気いらずでエコ音もしないので、「加湿器の音がするのが嫌」という人にもおすすめです。

LIMIA編集部
スタッフH
ダイソー加湿ポットの口コミ
大きい方の受け皿には、ミニと並べて2つ置くことも可能。同じ種類の動物にすれば、親子のような見た目になってかわいいです♪ ポットはじんわりと湿りますが、周りが濡れてしまうということはありませんでした。

カビは大丈夫?ダイソー加湿器のお手入れ方法

清潔な状態を保つためには、必ず毎日水を入れ替えることが大事。長時間使用しないときは水を捨て、日当たりのいい場所で十分乾かすようにしましょう。多湿の場所は避けて保管するのが◎です。

正しく使用しないとカビが発生する恐れもあるので、気をつけてくださいね。

ダイソーの陶器加湿器でうるおいも癒やしも手に入れて♪

今回は2021年に登場した、インテリアにもなるダイソーの加湿ポットを紹介しました。330円(税込)の大きめサイズの加湿器は、パンダと猫、犬でそれぞれポーズが違うので、気になる方は店頭で確認してみてくださいね。

ダイソーではこのほかにも、USB式の加湿器紙の加湿器ペットボトル加湿器なども販売しています。以下の記事では今年の秋冬に登場した新商品を中心に、ダイソーで手に入る加湿器を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

2021年版ダイソーのおすすめ加湿器!500円のうさぎ型やパンダの陶器、ペットボトル、アロマなど

▼LIMIA編集部おすすめのダイソー商品はこちら

【2021年11月】ダイソーのおすすめ商品67選!収納・コスメ・DIY・電化製品など人気グッズ

※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年10月)に基づいたものです。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/14 18:03
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます