【盛岡・プリンセスC結果】道営所属のレディーアーサーが人気に応えて重賞2勝目

拡大画像を見る

 14日、盛岡競馬場で行われた第37回プリンセスC(2歳・牝・重賞・ダ1400m・1着賞金250万円)は、スタートでやや後手を踏んだがすぐに追い上げた服部茂史騎手騎乗の1番人気レディーアーサー(牝2、北海道・田中淳司厩舎)が、直線で馬の間から抜け出し、最内を突いた4番人気ササキンローズ(牝2、大井・佐野謙二厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分25秒7(重)。

 さらに7馬身差の3着に2番人気アップテンペスト(牝2、岩手・佐藤雅彦厩舎)が入った。なお、3番人気カクテルライト(牝2、岩手・小西重征厩舎)は4着に終わった。

 勝ったレディーアーサーは、父パイロ、母スイートフィズ、その父クロフネという血統。9月のイノセントCに続く重賞2勝目を飾った。通算成績はこれで6戦3勝。

関連リンク

  • 11/14 17:52
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます