【オーロC結果】高倉稜騎手騎乗、11番人気ハーフバックが差し切りオープン初V

拡大画像を見る

 14日、東京競馬場で行われたオーロC(3歳上・L・芝1400m)は、中団後方でレースを進めた高倉稜騎手騎乗の11番人気ハーフバック(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)が、直線で外から前の各馬を差し切り、2着の5番人気ホープフルサイン(牡5、美浦・本間忍厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分20秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気シャインガーネット(牝4、美浦・栗田徹厩舎)が入った。なお、2番人気プールヴィル(牝5、栗東・庄野靖志厩舎)は4着、3番人気ダディーズビビッド(牡3、栗東・千田輝彦厩舎)は14着に終わった。

 勝ったハーフバックは、父ジャスタウェイ、母キトゥンブルー、その父ダンスインザダークという血統。オープン入り後2戦は2桁着順が続いていたが、ここで変わり身を見せてオープン初勝利を飾った。通算成績はこれで21戦5勝。

関連リンク

  • 11/14 16:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます