入学から半年でボロボロ⁉ 小1ムスメの筆箱物語【ムスメちゃんとオコメちゃん 第138話】

ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

ついこの間、「小学校に入学してもう半年か~」と思っていたら、すでに年末の空気が流れてきていますね。早い!

さて、今回はムスメの小学校での筆箱事情。入学後半年頃のお話です。

入学時、唯一ほんのりと指定があった筆箱。半年経って、ムスメから買いかえたいという話が出ました。

ランドセルはそんなに入学時から変わった印象がないので(カバー付けてるのもあると思いますが)決して物持ちが悪いタイプだとは思っていなかったのですが、久々にチェックしたら筆箱がまさかのボロボロ!

自分でセロハンテープで補強しながら使っていたようです。家では家の鉛筆を使うことも多かったので気づかなかった…!

学用品は使い捨て、と聞きますが、本当にそうでしたね…。

さらに筆箱事情で、個人的にちょっとびっくりしたことがありました。


ほかに個人的に衝撃だったことも…。

まぁまだ意識して1本ずつ使う、なんてことはできないお年頃ですよね。

そうは言っても、全部一緒に短く使い切ることなんてあるの…? と思ったら、まさかの確信犯。

全てをいっぺんに、新しい鉛筆に変えたいが故の行動だったそう。

わかる気はしますけどね!

おまけ、その後の筆箱話です。
筆箱の定期チェックをすることにしました!

嬉しそうにボロボロの筆箱を使うオコメ。2年後の入学時はピカピカの筆箱になるのが楽しみですね。

ムスメの新しい筆箱、今度は長~く使えることを祈ります。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/14 17:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます