西島秀俊“凌介”に危険が降りかかる!

拡大画像を見る

西島秀俊が主演を務める『真犯人フラグ』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第5話が、11月14日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、企画・原案の秋元康と『あなたの番です』制作スタッフが手掛ける、2021年10月・2022年1月期2クール連続の完全オリジナル新作ミステリー。

前回第4話では、相良凌介(西島)が務める亀田運輸では、大阪の本社にまで抗議が殺到し、全社的に大問題となっていた。支社長は、記者会見で身の潔白を説明し、世間に誹謗中傷を止めてほしいと訴えるようにと凌介に告げる。会見では、報道陣からの質問に丁寧に答えていくが、記者から凌介の“不倫現場”の写真を突きつけられ……という展開が描かれた。

また、ラストシーンで、凌介の自宅の窓ガラスを割って入ってきたサッカーボールは、失踪した息子・篤斗(小林優仁)のものなのか……? その話を聞いた二宮瑞穂(芳根京子)は、冷凍遺体、ローファー、光莉(原菜乃華)の携帯や真帆の指輪が見つかった時には、犯人は自分の安全を確保していたが、今回は凌介のすぐ近くまで来る危険を冒しているため、これまでとやり口が違うと指摘する。さらに、凌介の家がある団地の4階までボールを蹴り入れられるのは、サッカー経験者ではないかと推理する。

一方、橘一星(佐野勇斗)は瑞穂に「同盟を組みたい」と言い、時と場合によっては凌介抜きで手がかりを探すことを提案する。果たして、その真意とは……? 自宅で事件の情報を整理していた凌介は、ドライブレコーダーに映っていた妻・真帆(宮沢りえ)と思われる女性と手をつなぐ篤斗の画像を見て違和感をおぼえ、瑞穂と一星に相談する。

ドライブレコーダーの女性の正体は、愛する妻か、それとも別人なのか。犯人の影がすぐ近くまで迫り、凌介に危険が次々と襲い掛かる……!!

<第5話あらすじ>
相良凌介(西島)は、息子・篤斗(小林)が通うサッカー教室へ向かい、山田元哉(柿澤勇人)に話を聞く。山田によると、篤斗は失踪直前にサッカーボールを持って帰り、真帆(宮沢)と光莉(原)と一緒ではなかったという。しかし凌介は、山田の曖昧な答え方に疑念を抱く。サッカー教室を出た凌介を、謎の男(前野朋哉)が見つめていた――。

サッカーボールの一件を凌介から聞いたた二宮瑞穂(芳根)は、これまでとは少しやり口が違うと指摘。送り付けられた少年の冷凍遺体、建築現場に埋められた光莉のローファー、トンネルに置かれた光莉のスマホ、これらは犯人が自らの身の安全を確保した上で行っている。サッカーボールを蹴りこむ行動は、犯人が凌介の近くまで来る危険を冒している。さらに、凌介が住んでいるのは団地の4階。そこに正確にボールを蹴り入れる能力を持つ人物は、サッカー経験者の可能性が高いと考えられた。

凌介は、ドライブレコーダーに映った真帆と思われる赤い傘の女性と、手をつなぐ篤斗の画像を見直して、何か違和感を覚える。

一方、瑞穂は橘一星(佐野)から、オンラインサロンのイベントに誘われた。一星は瑞穂に「同盟を組みたい」と、時と場合によっては凌介抜きで誘拐事件の手掛かりを探すことを持ち掛ける。瑞穂は、一星の申し出を受け入れる。

そんな中、ぷろびん(柄本時生)が新たな動画を投稿。ぷろびんは動画の中で「そろそろ自首する時なんじゃねえのか!」と凌介を攻撃する。動画の元ネタは“関係者が語る、炊飯器旦那への疑惑”というネット記事。凌介が事件の直前に年末の家族旅行をキャンセルしたという旅行会社関係者を名乗る人物の証言を載せていた。ネット上では、動画とネット記事がどんどん拡散されていく。

凌介は、ドライブレコーダーの画像のどこに違和感を覚えるのか、見つけられないでいた。行き詰まった凌介は瑞穂と一星の意見を聞くため、2人を「至上の時」に来てほしいと呼び出す。凌介が出かけようとした時、菱田朋子(桜井ユキ)が訪ねてきて――!?

関連リンク

  • 11/14 16:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます