「もっとどこか行きたい」車から降りるのを拒む頑固なゴールデン・レトリバーが人気(米)

拡大画像を見る

今月5日、Facebookページ「Golden Retriever Club(ゴールデン・レトリバークラブ)」に投稿された動画が多くの関心を集めている。投稿したのは米オハイオ州シンシナティ在住のサム・ドーソンさん(Sam Dawson)で、動画には彼女が飼っている雄のゴールデン・レトリバー“レニー(Lenny)”が登場する。

レニーはサムさんと一緒に車で外出したが、自宅に戻ってサムさんが車から降りるように指示するもレニーは後部座席に座ったまま車から降りようとしない。いくらサムさんが「さあ、おうちに入る時間よ。降りなさい!」と声をかけても、ドアの縁にもたれかかり足を踏ん張って拒否し続けた。

よほどサムさんとのドライブの時間が楽しかったのか、「もっと、どこかへ行きたい」とでも訴えるような表情を浮かべている。そんなレニーの動画を見た人たちからは、このような声が寄せられた。

「うちのゴールデンなんか、車から降ろそうとすると怒るのよ!」
「こんな反抗的なゴールデン、面白すぎるし、これが典型的なゴールデンだよね。」
「わかるよ。車に乗ってる時間が十分じゃなかったんだよね。飼い主さんはその周辺を何回かドライブしなきゃ。」

どうやらレニーと同様にドライブ後に車から降りるのを拒否するゴールデン・レトリバーがいるようだ。そして多くのゴールデン・レトリバーの飼い主がレニーの行動を「典型的なゴールデンの行動」とみており、動画を楽しんでいた。

ちなみに一般社団法人「ジャパンケネルクラブ」によると、ゴールデン・レトリバーの性格は一般的に「従順で、利口で天賦の作業能力を備える。優しく友好的で、自信に満ちている」とのことだが、普段は従順なゴールデン・レトリバーも時にはレニーのように“我を通したくなる”こともあるようだ。

画像は『Sam Dawson 2021年11月5日付Facebook「They really have a mind of their own」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 11/14 12:36
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    11/14 20:51

    笑って許す包容力があるのですね、いつもなら許せませんがたまにならゆるせるな。

  • 観音寺六角

    11/14 18:30

    俺は殴りたいけどね😩

記事の無断転載を禁じます