安達祐実&成海璃子&矢本悠馬らが出演「神木隆之介の撮休」キービジュアルも公開

拡大画像を見る

WOWOWが贈る「撮休」シリーズ第3弾、「神木隆之介の撮休」の第1話~第4話に出演するキャストとストーリーが発表。キービジュアルも到着した。

ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか――。本作は、そんな知られざるオフの姿を、クリエイターたちが妄想を膨らませ描き、主演となる俳優が自分自身を演じるパラレルストーリーを展開するオムニバスドラマ。

第1話には安達祐実が出演し、神木さんと初共演。子役出身ならあるのかも? と思わせる架空の“シンドローム”を題材に、本人役を好演。また、瀬々敬久監督が手掛ける第2話には、「小暮写眞館」以来、約8年ぶりの共演となる成海璃子、シリーズ第2弾にも登場した藤原季節が登場し、ノスタルジックな世界観の中、神木さんの同級生役を演じる。

そして森ガキ侑大監督による第3話には、MEGUMIと矢本悠馬が、神木さんが出会う“どこか少し嚙み合わない”個性豊かな登場人物として登場。ハートフルコメディな物語となっている。第4話では、神木さんの姪役を若手女優・長澤樹が好演。架空の物語でありながら、姪の相談を通して、神木さんの役者人生の過去とこれからを想像させる物語となっている。

さらに、神木さんがマネージャーから「明日撮休になった」と伝えられる、各話オープニングシーンの演出は、森ガキ監督が担当。マネージャー・祝崎役は、共演経験もあり親交の深い池田鉄洋が演じる。

また、各話のモチーフのイラストをあしらい、“神木隆之介らしさ”がプラスされたキービジュアルが完成。おしゃれなパジャマスタイルの神木さんと、キュートなミニ神木さんが登場し、架空の休日の物語への期待をより一層誘う。

▼WOWOWオリジナルドラマ「神木隆之介の撮休」各話ストーリー
・第1話「はい、カット!」 監督:三宅唱 脚本:竹村武司
殺人鬼の役作りに集中している神木隆之介。凶器の買い出しにショッピングモールへ行くが店員に不審者扱いされてしまう。誤解を解こうと焦ると「はい、カット!」という声とともに撮影スタッフが現れたではないか。それ以降、何をしていてもなぜかカットがかかる。パニック状態の隆之介。気づくと目の前には安達祐実(安達祐実)が!安達は子役出身の俳優にみられるシンドロームだから楽しめばいいのだと言うのだが…。

・第2話「嘘から出た何か」 監督:瀬々敬久 脚本:篠原誠
突然訪れた撮休。神木隆之介はふとピアノを習いたくなり二階堂真実(成海璃子)が営む教室を訪れた。二階堂から演奏を教わるうち、中学時代の転校生の存在を思い出す。どうしてもその転校生の名前が思い出せないという隆之介を見て、二階堂は母校を訪ねようと提案する。同級生・新山英樹(藤原季節)と再会を果たし思い出の音楽室へ行くのだが、そこで不思議な体験をするとは思いもよらなかった。

・第3話「捨てる神あれば」 監督:森ガキ侑大 脚本:山崎佐保子
怠けた撮休を過ごしていた神木隆之介は、思い立って部屋の大掃除をする。部屋から見つかった不用品の数々を、サイトで見つけた貰い手に譲ることに。隆之介は躊躇しながらも正体が分からないよう変装して公園へ向かう。受け取りにやって来きたのは、主婦(MEGUMI)、清原という男性(矢本悠馬)、中学生(柴崎楓雅)。隆之介は境遇や性格も違う彼らとひとときの交流をすることになる。

・第4話「夢幻熊猫」 監督:枝優花 脚本:山田由梨
撮休の神木隆之介は、相談があるという姪・村上桃(長澤樹)を連れて中華料理店へ。桃は人並み以上に得意なことがなく、誰にも必要とされないままの人生に不満を感じていた。そんな彼女は、自分と違い輝いている隆之介を「誰の替えも効かない絶対的な存在」だと言う。しかし、褒められたはずの隆之介はなぜか浮かない表情。そして気まずい空気を絶つように、ゆっくりと語りだす。

WOWOWオリジナルドラマ「神木隆之介の撮休」(全8話)は2022年1月7日より毎週金曜日23時~WOWOWにて放送・配信(各話放送終了後、WOWOWオンデマンドにて配信)。



(cinemacafe.net)

関連リンク

  • 11/14 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます