「ジェンダー・ギャップ」をテーマに映画祭 12月に渋谷で開催、15作品上映

拡大画像を見る

男女の違いで生じている格差、「ジェンダー・ギャップ」をテーマにした映画祭が2021年12⽉4⽇から10⽇まで東京・渋谷のユーロスペースなどで開かれる。溝口健二監督の名作から最近の韓国映画や日本のアニメなど15作品が上映される。

男女差別が根強く残る国

この映画祭は、2011年から毎年年末にテーマを替えながら開催しているシリーズの11回目。日本大学芸術学部映画学科の三年生たちが主催している。作品の選定からポスターやチラシ、マスコミへの宣伝活動などすべて学生たちがやっている手作りの映画祭だ。これまでに「1968年」「天皇」「中国」「スポーツ」「宗教」「マイノリティ」など折々の時代状況に即した多彩なテーマを取り上げてきた。

今回は「ジェンダー・ギャップ」。日本では今年2⽉には東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会⻑による「性差別発⾔」があった。3⽉には、「⽇本の男⼥平等指数が世界で120位」というニュースが発表された。

「考えてみると、私たち学⽣もそれぞれがこれまで『⼥だから』『男だから』と理不尽に扱われてきた記憶があります。私たちの住む⽇本は、無意識な差別や偏⾒、特に男⼥差別が根強く残る国だと改めて思います」――ということから、「ジェンダー・ギャップ」をテーマにすることになった。

「変わりゆく男⼥観」

上映されるのは以下の15作品。

『新女性』(蔡楚生/1935)、『浪華悲歌』(溝口健二/1936) 、『赤線基地』(谷口千吉/1953)『月は上りぬ』(田中絹代/1954)、『女が階段を上る時』(成瀬巳喜男/1960)、『5時から7時までのクレオ』(アニエス・ヴァルダ/1961)、『叫びとささやき』(イングマール・ベルイマン/1973)、『百万円と苦虫女』(タナダユキ/2008)、『ハンナ・アーレント』(マルガレーテ・フォン・トロッタ/2012)、『少女は自転車にのって』(ハイファ・アル=マンスール/2013)、『はちどり』(キム・ボラ/2018)、『RBG 最強の85才』(ジュリー・コーエン,ベッツィ・ウェスト/2018)、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(片渕須直/2019)、『この星は、私の星じゃない』(吉峯美和/2019)、『ある職場』(舩橋淳/2022年公開)

主に性差に疑問や悩みを持ち、⾏動してきた女性らを描いた作品を取り上げている。トークショーも多数予定されている。映画祭を通して、「変わりゆく男⼥観」に気づき、幅広い層のひとたちと共に⾃由に語り合えることができたら、というのが主催者の願いだ。

上映スケジュールなどは公式サイトで。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/14 10:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます