伊藤かずえ、30年の“日産愛”発信に「キムタクより彼女」のCM待望論

拡大画像を見る

 女優の伊藤かずえが11月8日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、「新しい家族」として新車の日産ノートを迎えたことを報告した。

 長年の日産愛用者として知られる伊藤だが、30年連れ添った愛車の初代シーマは現在レストア中で、10月21日には、主に妹が使用していたという日産ティーダとの13年に及ぶ日々とも別れ。走行距離は14万6000キロに達するフル稼働ぶりで、この日は、そんな日産ファンの伊藤に新たな相棒が現れた。

 その日、伊藤は「ノート 新車きました!主に妹が乗りますが、我が家の新しい家族です!」と綴り、真っ白に輝く車体を撮影した動画を公開。フォロワーからは「おめでとうございます ノートでもたくさんの思い出を作ってくださいね」「新型ノート カッコいいです」「是非大事に長く乗ってくださいね」「素敵!」などと祝福する声が集まった。

「レストア中の伊藤の初代シーマは1990年に購入したもので、彼女は過去に『シーマは私の体の一部。40万キロまで一緒に走る』と語り、今年4月よりレストアを実施。古くから日産への愛を貫き、現在進行形でその熱い思いは継続中のようで、そんな伊藤にはたびたびインスタグラムでも『日産からコマーシャル依頼の話なんか来ないんですか?笑』『CMできますね』『日産自動車のイメージキャラクターとして就任してください』などの声が寄せられるほど。現在の日産の顔といえば俳優の木村拓哉で、2020年夏よりCMに出演しています。

 しかし、その木村は1994年から2017年まで長くトヨタのCMに出演してきた経緯があることから、ネットでは『日産を愛してくれている伊藤かずえさんこそ、CMに使うべき』『トヨタから来たキムタクよりいいと思う』『伊藤かずえさんをCM起用したほうがよほど一般国民の心に届くと思います』『キムタクにはトヨタのイメージがつきまとう‥‥』などの声が散見。また、『シーマにずっと乗ってるのも好感持てるし、新車がノートっていうのもさらに好感度アップ』『大切に使ってる感も伝わります』などの反応もあり、伊藤の発信は世間からのウケも抜群に高いようです」(テレビ誌ライター)

 日産の思い描くビジョンにハマったのは木村かもしれないが、日産ファンには“やっちゃえ、伊藤かずえ!”の願望が飛び交うこととなっているようだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/14 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます