新藤まなみ 清楚から妖艶へ、4年ぶり2ndDVD「ようやく吹っきれました」

拡大画像を見る

TBS『王様のブランチ』リポーターとして人気を博した新藤まなみ。くりくりとした瞳にショートカット、老舗情報番組でならした表現力とトーク力、そして何と言ってもスレンダーなボディが眩しい。2017年に1枚グラビアDVDを発表しているが、今回それ以来、4年ぶり2枚目となる新作『まなみのヒミツ』(ラインコミュニケーションズ)を発売。リリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


焦げ茶色の深秋らしいビキニで登場した新藤。「インポートなんですけど、この日のために買いました。29歳なので大人の色気が出る水着にしました。白のフリフリの水着とかはやめました」と、大人の女性を意識した最新デザインの上品かつセクシーな水着に取材陣も釘付けに。


千葉で撮影された今作、「4年ぶりの2枚目ということなので、自分でも気合いを入れて臨みました。発売できたことが本当にうれしいです。Amazonで、売上とほしいものランキングで今日も1位みたいで、びっくりしてます。ほんとうなんですかね!?」と半信半疑。「4年ぶりに出すんだったら絶対にみんなに喜んでもらうものを作ろうって決めてたので。29歳にもなりましたし、4年前の(DVD)は、きゃぴきゃぴ♡みたいなフレッシュな感じだったんですよ。2作目でいきなり攻めたらどうなるのかなあって、出来る限りチャレンジしようと思ったんです。なので自信作になったと思います」と、まさに気合充分な臨戦態勢でのリリースとなった。


「今回は取材の段階で“Sですか?Mですか?”って聞かれまして。私けっこうMなんですよ(笑)。設定としては年下の職場の後輩と旅行に行くんですが、いざどきどきするシチュエーションになったらMっ気を出したりして、ギャップがある感じになってます。この設定けっこう萌えました」とノリノリで挑んだという。「バリキャリっぽい格好したかったのでメガネかけたりして、どんどん脱いでいくと…ほぼ着てないんですよね(笑)。あと十字型の変形衣装も着てみたかったんです!これを着るのをいちばん楽しみにしてました。作品の中での印象的な衣装だと思います」と、やはりノリノリ。


さらにセクシーなシーンを聞いてみると「白のレオタードですね。たくさんローションを垂らしていただいて、気持ちよかったんですよこれー(笑)。もうむちゃくちゃスケていて、大丈夫なのかってくらいまで攻めました。これは自分的は頑張りました。疑似的な動きや吐息もリアリティーを持ってこだわってやりました」と振り返り、ぽろりのハプニングも相当あったと笑顔をみせた。


そんな意欲作を自己採点してもらうと88点と辛め。「本当は98点を付けたいんですが、この作品を撮ったことでグラビアが大好きになりまして、どんどん色んなことやってみたいなって思ったのと、もっともっと勉強したいので、期待値を込めて10点引きました」と意欲をみせた。


今作で目覚めたグラビアの世界。今後も積極的に活動していくと言い、「もう29歳ともなると隠すところないんですよ(笑)。恥ずかしいですが、絶対綺麗な作品にしていただけるので、自信を持って出せるなって。やっと吹っ切れた感じです」と目を輝かせた新藤。なんとこの作品を機に主演映画が決まったそうで、「来春公開なんですが、なかなかの濡れ場やベッドシーン、キスシーンとかもありまして。話題にしていただけるんじゃないかと思ってます」と、4年前の恥ずかしさが勝ったファーストDVDからは想像もつかない、大人のオンナに豹変した新藤に、これからも期待しかない。







関連リンク

  • 11/14 10:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます