小倉優子はブチギレ一転「別居ネタ化」で仕事ガッチリ!篠原涼子&長谷川京子&前田敦子は「同盟」!!「逞しすぎるシンママ芸能人」!

拡大画像を見る

 11月9日に放送された朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)に小倉優子(38)が出演した。

 小倉は、「簡単にチャチャっとできるのに超絶品」がテーマのオススメの一品料理として、「ちりめんじゃこのバケット」を紹介したのだが、この料理をめぐるやり取りでスタジオをざわつかせてしまう場面があった。

「MCの麒麟・川島明(42)から料理について“これはどういったときに作るんでしょう?”と質問され、小倉は“前は結構、お家にお客様が来てくれたので”と答えました。

 小倉は2018年12月に再婚した夫と別居中であることが報じられています。それがあったために、周囲は“前は”との表現が引っかかったのでしょう。小倉が質問に答えるとスタジオがざわつき、抑えた笑いも起こってしまいました。小倉は、周囲の反応に“違う違う。今、こういう時期なので。私のことじゃなくて”と大慌てで否定していました」(テレビ誌ライター)

 小倉は、『ラヴィット!』の前日、11月8日に放送された『100%!アピールちゃん』(TBS系)で、1年前から生活している賃貸の一軒家を紹介。「ここで今、小3の長男、4歳の次男、1歳の三男と暮らしています」と、夫とは生活していないことをうかがわせる発言をした。

■別居報道の心情も激白!「私は1人……」

 さらに番組で小倉は、マンションから一軒家に引っ越した理由について「旦那さんの部屋とかがちゃんとあって1人になれる」とも説明。

 家の話題だけでなく、「別居報道のときとかも、すごく叩かれて。もう見るのをやめて、叩かれてるも気にしないようにして」と心情まで告白し、「私は1人しかいないから。たとえば、パパがキツく怒ったら、ママがフォローしてあげるとか、ママがキツく怒ったら、パパがフォローしてあげるとかができなくて。私1人だから、それもまた難しいかな」と1人での育児の大変さまで語ったのだ。

「小倉は、9月15日にインスタグラム上で、夫に別居生活を続ける代わりに離婚はしないとの条件を出した、と報じた女性週刊誌の記事に対し、“作り話の記事でした”“事実なら仕方ないと思えますが、事実とは全く違うことが事実として伝わってしまいます”と怒りを滲ませた反論を投稿したこともありました。

 そんなことがあったにもかかわらず、2か月もしないうちにバラエティ番組で自ら別居について語り、それをイジるような共演者の反応にもきちんと対応できるようになり、かなり吹っ切れているようにも見えますよね。

 もはや“別居”は、彼女にとっての“鉄板ネタ”のようになりつつあります。ただ、それでしっかり仕事をつかんでくるのですから、小倉はとても逞しいですよね」(女性誌記者)

■女優3人は「シンママ同盟」の設立で絆を強化!?

 小倉とはまた違った逞しさを見せているシングルマザーも芸能界にいるようだ。

 10月29日にポルノグラフィティの新藤晴一(47)と離婚した、2児の母・長谷川京子(43)が、前田敦子(30)との親交を深めていると、11月9日発売の『女性自身』(光文社)が伝えている。

「前田も、4月23日に勝地涼(35)との離婚を発表したシングルマザーです。前田はかねてから長谷川のファンだったこともあり、それで面識ができたそうです。そんな2人はシンママ同士となって距離を詰めているようで、離婚後に長谷川は、前田について“子育てもしっかりしていて、料理も上手で頼りになる”と周囲に話していたといいます。両者は、シンママの同盟関係のような感じになっているみたいですね」(前出の女性誌記者)

 記事によれば、7月24日に市村正親(72)との離婚を発表した篠原涼子(48)も長谷川の支えになっているという。

「長谷川と篠原は、2022年にNetflixで配信されるドラマ『金魚妻』で共演している仲。以前から篠原は、長谷川のYouTubeにある料理動画を参考にすることもあったそうです。長谷川も篠原も離婚してシングルの身。今後相談する機会が増えるのでは、と『女性自身』は伝えています。篠原もまた、長谷川と同盟関係になってくるのかもしれません」(前同)

 夫がいなくても、頼れる同志がいれば心強いだろう。

「別居話を仕事につなげてしまう小倉、前田や篠原ら周囲の人との関係を強化する長谷川も、形は違えどどちらも逞しい。シンママだからこそ、さまざまなところに考えを張り巡らしながら、強く人生を生き抜こうとしているのではないでしょうか」(同)

「母は強し」を体現するシンママはすごい!

関連リンク

  • 11/14 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます