オリックス山本由伸選手を推す声多数!「2021プロ野球シーズン」球団別MVPは誰だ?

拡大画像を見る

 長かった2021年のプロ野球シーズンも、いよいよ大詰め。そこで今回は、シーズンの総決算にふさわしく、12球団ごとに「看板となる表」と「あまり目立たない裏」のMVPを『週刊大衆』が選出した。

 急遽実施したにもかかわらず、1000通を超える読者アンケートの結果と、OB&担当記者の見解を踏まえながら、独自に、その活躍を称えてみたい。

 まずは、パ・リーグから。12球団を見渡しても、いの一番に名の挙がる存在といえば、やはり、この人。

 五輪金メダルにも大きく貢献して、破竹の15連勝でチームを四半世紀ぶりのリーグ優勝へと導いたオリックス・山本由伸(23)だ。

「序盤は勝てない試合も続きましたが、東京五輪を契機に覚醒した感がある。後半戦に至っては、まさに無双状態。それだけの投球をしても、本人が“まだまだ”と謙虚なのが、すごいところ」(在阪スポーツ紙オリックス担当記者)

 18勝は、2位以下に大差をつけて両リーグトップ。パ・リーグMVPはもちろん、沢村賞の受賞も濃厚。その活躍は、まさに今年の“顔”と言っていい。

「去年まではチーム状態もあって8勝止まり。ですが今季は大好きなジャンクフードを断ち、栄養士を雇うなど、彼の中での意識も変わった。同じ打者には二度と打たせない。そんな気持ちの強さもマウンドでは感じました」(前同)

 打者では、そんな山本以上の大ブレイクを見せ、初の本塁打王にも輝いた“ラオウ”こと、杉本裕太郎(30)の貢献が挙げられる。

■惜しくも2位のロッテ、MVPは?

 だが、読者からは「チーム再建の功労者は中嶋聡監督(52)」(50代/会社員)などの声も多数寄せられた。当の杉本も「チャンスをくれた人」と、監督への恩義を口にする。

「2軍監督として苦楽を共にした中嶋監督からの“打てなくても俺が責任を取る”という言葉で、杉本の迷いも消えたとか。また、阪神から今季加入した能見篤史兼任コーチも功労者の一人。投手陣に一度も3連投がなかったのは、彼の意向を反映したもの。由伸覚醒の背景にも、彼の技術的なアドバイスがあったとか」(前出の担当記者)

 続いて、惜しくも2位のロッテでは、べテランの荻野貴司(36)を推す声が圧倒的。全打席1番で全試合に出場し、盗塁王&最多安打のタイトルは、いずれも史上最年長の快挙だ。“ミスターロッテ”初芝清氏も、こう称える。

「初の規定打席到達が、10年目の一昨年。それまでは高すぎる能力に、体のほうが先に悲鳴を上げている印象でしたが、ここへきて、ようやく心技体がマッチしてきた。打率3割にギリギリ届かなかった(.296)のは本人も悔しいでしょうが、少なくとも彼の活躍なくして、今季のロッテは語れません」

 裏MVPに関しては、CSファーストシリーズで6回1失点10奪三振という快投が記憶に新しいためか、“令和の怪物”佐々木朗希(20)を挙げるファンの声が多かった。後半戦の活躍は、まさに“覚醒前夜”といったところ。ただ、裏MVPへの選出は、同じ佐々木でも“8回の男”佐々木千隼(27)のほうを挙げたい。

 登板54試合で、防御率1.26、リーグ2位の34HPと抜群の成績を収めた。

「長く故障に苦しみ、ビハインドでの登板から結果を出して、8回を任されるまでの信頼を得た。最後こそ彼が打たれて優勝を逃しましたが、8勝1敗という数字からも分かるように、ベンチには“千隼が投げれば勝てる”という雰囲気もありました」(前出の初芝氏)

 11月15日発売の『週刊大衆』11月29日・12月6日号では全12球団のMVPを大発表! あなたのMVP選手は選ばれているか?

関連リンク

  • 11/14 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます